CATEGORIES
ARCHIVES
SEARCH THIS SITE.
OTHERS
ADMIN
vol.92 郵便屋さんの話   2017-06-14
こんにちは、管理人Mitoです。
今月はチェコの絵本、郵便屋さんのファンタジーなお話紹介します。

518ZFL14+ML.jpg

作 カレル・チャペック
訳 関沢明子
絵 藤本 将

■あらすじ■

郵便屋さんのコルババさんは、郵便配達の仕事にうんざり、ある日、郵便局で
夜まで居眠りしてしまいます。
すると、なんてことでしょう。小人たちがせっせと働いているではありませんか。
小人たちと仲良くなったコルババさんは、ある宛先のない
手紙がとっても大事なラブレターだと気づきます。
フランチークがマジェンカに書いたラブレターということだけを
頼りに、マジェンカさんに手紙を届けるためにコルババさんは旅に出ます。

■感 想■

ありきたりなお話だけれども、登場人物がみんなが愛情にあふれていて、
温かい気持ちになる絵本です。
誰かのために役に立ちたいやさしさって素敵です。

■余談■

このお話は、カレルチャペックさんの童話を、絵本にしたものです。
だから絵本にしては、文章が多い絵本です。

カレルチャペックさんは、ジャーナリストでいて、小説、戯曲、エッセイなどを書く、チェコを代表する作家です。イラストも秀逸なんです。
私は、外国作家さんは苦手なのですが、唯一外国作家さんで好きな人です。

何を読んでも、やさしさと、ユーモア(皮肉もありますが)があふれていて、温かい気持ちになれます。
特に好きなのは、犬シリーズ、カレルチャペックのかわいいイラストとともに
犬がかわいくてしょうがない文章を楽しめます。
8133I20FZpL.jpg
固定リンク | comments(1) | trackbacks(0) | この記事を編集する
vol.91 ジャッキーのうんどうかい   2017-06-02
こんにちは!スタッフkumiです。
1年の中でも過ごしやすい気候の5月です。
ゴールデンウィークや遠足、運動会と楽しい行事がたくさん♬
今回はかわいいクマの子ジャッキーの運動会のお話をご紹介します。


ジャッキーのうんどうかい.jpg

え・あだちなみ ぶん・あいはらひろゆき

■あらすじ■

くまのがっこうはもうすぐ運動会。

くまのこたちは、日夜練習にはげみますが
ジャッキーはどうしてもお兄ちゃんたちに勝てません。

でももしかして、かけっこなら勝てるかな!!

たくさん練習をするジャッキー。
はたして、運動会でお兄ちゃんたち勝てるのでしょうか……?!



■感想■

私の大好きなかわいいくまのがっこうシリーズ!
今回は運動会バージョンです♪

妹や弟って強いお兄ちゃんや何でもできるおねえちゃんに憧れますよね。
そして、自分もそんなふうになりたい!いや、いつも負けてばっかりだから、
追い越したい!!!
そんな気持ちがあるのかも。

そして、一生懸命自分に追いつこうとする妹や弟ってお兄ちゃんたちから見たら
とってもかわいい存在ですよね。

かけっこの途中ハプニングもありますが、やさしいお兄ちゃんたちのおかげでまたまた救われるジャッッキー。
兄弟の微笑ましさにも癒されるかわいいお話です。

表紙のジャッキーのチアガール姿もとってもかわいい!


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

ポチっと応援してね(^_-)-☆



固定リンク | comments(1) | trackbacks(0) | この記事を編集する
vol.90 エミールくん がんばる   2017-04-20
こんにちは!管理人Mitoです。
今月は出会いの季節だから、友情をテーマにした絵本をご紹介します。
「すてきな3にんぐみ」を描いた、トミーウンゲラーの絵本です。
主人公は、たこのエミールくんです



51OZfRxiXkL._SX370_BO1,204,203,200_.jpg

「エミールくん がんばる」

トミー・ウンゲラー作

■あらすじ■

せんすいのすきなサモファ船長は、さめに襲われそうになったところを
たこのエミールくんに助けられます。
船長は、感謝の気持ちで、一緒に暮らしてみない?と、誘います。
人間の世界で、エミールくんは大活躍、船長ともさらに深い友情ができましたが、
やっぱり海が恋しくなり、帰っていきます。

■感 想■

この絵本は、朝日新聞で、「疎遠の友とやり直すには」の相談に答える形で
子どもの本専門店「メリーゴーランド」の店長さん増田喜明さんが、
この絵本をメッセージとともに紹介してました。

こだわりを捨てて、いつものように、ひょっこり友人宅を訪ねて、「元気だった?」
と声をかけてみればどうでしょう。
案外すんなりと依然と同じつきあいができそうな気がします。


実は、私には絵本の内容よりも、このメッセージがずしんと響きました。
私にもいるんですよね、なんとなく疎遠になってしまったけれど、気になる友達。






固定リンク | comments(1) | trackbacks(0) | この記事を編集する
vol.89 たくさんのドア   2017-03-24
こんにちは!スタッフkumiです。
3月に入りました!
卒園卒業シーズンですね。子供たちは(大人も)今迄慣れ親しんだ環境から新たな旅立ちへのスタートです!



たくさんのドア.jpg


「たくさんのドア」
作: アリスン・マギー
絵: テウン・ユ
訳: なかがわ ちひろ



■あらすじ■
子どもたちの前にはたくさんのドアがならんでいます。
そのドアを開くと待ち受けているのは、楽しいこと、嬉しいこと、悲しいこと、怖いこと……
そんなたくさんのことを子どもたちはどんどんと経験していくのです。

重たいドア、開けたくないドア、いろんなドアを開けて、そこに広がる楽しみ、哀しみ、喜び、苦しみ、幸せをみた子どもたちはどんな人になり、どんなこたえを見つけていくのでしょう・・・



■感想■

私事ですが、今年娘が中学校を卒業しました。
なすままに参加させていただいてから、2回目の卒業式ですが、成長した娘を見て、
とても感慨深い式でした。

幼稚園、保育園から始まって、子供たちにはたくさんのドアが並んでますよね。
楽しい事もや辛い事も、きっといろいろな困難が待ち受けている事でしょう。

でも自分を信じて、自信を持って、思い切って
たくさんのドアをあけていってほしいと願っています。

親である私は、そんな子供たちを
心配だけど、時には本人よりドキドキしながらもあたたかく見守って行きたいな〜って
思う1冊でした。


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

ポチっと応援してね(^_-)-☆
固定リンク | comments(1) | trackbacks(0) | この記事を編集する
vol.88 ゴンガリくんとはじめまして   2017-02-04
こんにちは、管理人Mitoです。
当サイトを作っていただいた、デザイン会社グラフィッコ代表の高橋知子さんが、絵本を作りました。椙山女子学園星野ゼミと、覚王山と本山と東山を猫が洞から発信する街起こしサイト「三ツ山猫プロジェクト」さんとのコラボレーション企画です。
今月は「ゴンガリくんとはじめまして」ご紹介いたします。

70726f647563742f32303137303132345f3366316463372e6a7067003630300000740023666666666666.jpg

「ゴンガリくんとはじめまして」

おはなし グラフィッコ&椙山女子学園大学星野ゼミ&三ツ山猫プロジェクト
絵    グラフィッコ

■あらすじ■

覚王山祭りに遊びに来ていた、みつやまねこミツと、ゴンガリ君は、おまつりの
出し物に出演するはずの、ぞうさんが倒れたと、耳にします。
どうしよう、周りの大人たちが、困ってあきらめている中、
ミツとゴンガリ君は、なにかいい方法はないか、考えます。
「そうだ、東山動物園にたのんでみるのはどうだろう」
ミツとゴンガリ君は、さっそく動物園へ出発します……

■感想■

みなさん、自分のおうちの周りを歩いたことがありますか。
子供の小学校や中学校までとか、いつも車やバスで行く駅までとか。

この絵本の面白いところは、実際に住んでる町がリアルに出てくるところです。
クライマックスには、子供たちも、おとなたちも、覚王山から、東山動物園までてくてく歩きます。

最後のページに、覚王山から、東山動物園までの全景が出てきます。
あ~ここは、末盛交差点の愛知学院大学歯科部付属病院だな、とか、ここは本山のドトール入ってる建物だな、とかわかる中、あれ、こんなところに神社あるんだ~、というのが
出てきました。
車ではしょっちゅう目の前を通っているのに、全然目に入らないから、知りませんでした。

歩いてみると、車の速度では見えないことがいっぱい見えてきます。

私は、午後もや~っとすると、往復30分くらいで帰れる距離を、さっと歩く習慣があります。
歩いているうちに、あそこに白木蓮の木があるとか、とか、彼岸桜の木はあそこ、ザクロの木はあそこ、とか、大体わかっってきて、ここの家はお庭をよく手入れしているなとか、
反対に、随分手入れのしてない可哀そうなお家だな、とか、イロイロ見ます、
あとは、いつもすれ違うあのおばあさん最近会わなくなったな~、とかね。

みなさんも、老後の楽しみと思わず、是非自分のまちを歩いてみてください!






固定リンク | comments(1) | trackbacks(0) | この記事を編集する