CATEGORIES
ARCHIVES
SEARCH THIS SITE.
OTHERS
ADMIN
アンディ・ウォーホルのヘビのおはなし   2017-11-11
こんにちは、管理人Mitoです。
11月は文化の日もありましたから、一流のポップアートにふれられる、
大人のおしゃれな絵本をご紹介いたします。

51yP1QzW7dL._SY426_BO1,204,203,200_.jpg

アンディ・ウォーホール 絵と文
野中邦子 訳

■あらすじ■

セレブな華やかな世界を夢見る、創造性のあふれた一匹のヘビが、世界中の美女や、
世界中のお金持ちを相手に、靴になったり、ベルトになったり、宝飾品になったり、
時には、舞台のカーテンになったりして、名声と夢をかなえていくお話です。


■感 想■

もともと絵本として作られたものでなく、ニューヨークの皮革製品の会社Fleming-Joffeがアンディ・ウォーホールへ宣伝として依頼した映像の仕事のひとつで、最近になって
絵本に作り替えられたものです。

そのため、名声だとか、セレブだとか、内容が即物的で、商業的で
話としては内容はありません。

でも、アンディ・ウォーホールですから、絵に夢があり、ワクワクしてきます、
ファッション雑誌を見ている気分になりました。

■余談■

訳本ではありますが、アンディ・ウォーホール直筆の英文もあります。
ひとつ英語のお勉強になったのは、slither(はう)という単語です。
ハリーポッターのホグワーツ魔法学校の寮の名前にスリザリンという名前があります。
そう、あの人がいた寮です。
象徴の動物はヘビ→そして名前がSlytherin
ひゃ~、ひとつ賢くなりました!

■余談2■

Fleming-Joffeという会社は、今はEdelmanというとても大きな革製品の会社になっているようです。
たぶんアンディウォーホールさんと仕事をしていたころ、1962年の
Fleming-Joffeの素敵な靴の写真載せておきます

01_1962_Vaccari_Fleming_Joffe.jpg
固定リンク | comments(1) | trackbacks(0) | この記事を編集する
<<vol.96 ひゃくおくまんのサンタクロース | vol.94 もったいないばあさん >>