CATEGORIES
ARCHIVES
SEARCH THIS SITE.
OTHERS
ADMIN
vol.101 ぴっつんつん   2018-06-05
6月に入りました。今年は、5月中すでに梅雨入りした地域もあった程、雨の日が続きましたね!
ついつい、雨降りが続くとどんよりと気持ちも落ち込んでしまう事も多いですが、そんな雨の日を好きになりそうな絵本をご紹介したいと思います。


ぴっつんつん.jpg

作 武鹿 悦子

絵 もろ かおり


■あらすじ■

雨の日に、赤いレインコートを着て赤い傘をさしたこどもが
外に出た時から、物語が始まります。

あめが つんつん ぴっつんつん
つんつん ぴっつん ぴっつんつん
ちゃぷちゃぶ ぱちゃぱちゃ
ぴっつんつん ぴっつんつん

一人だった女の子が、「ぴっつんつん」の言葉と共に、青や黄色の違う色のレインコートを着て違う色の傘を持ったこども達にどんどん出会っていき、、、。


■感想■

「ぴっつんつん」雨の音をこう表現するなんて!
私の中で雨を表現する音は「パラパラ」「ザーザー」ぐらいしか思いつかないのに、
なんて楽しげで素敵な響き!

しかも、もろかおりさんの描くかわいい絵の世界にぴったりなんです。

この本に付随していた小冊子を読んで、この素敵な絵本ができた理由に改めて納得しました。

この本は3人の人のインスピレーションの賜物で出来た本だとの事で、
構成として名を連ねている後路好章さんが画廊で初めて見た、もろかおりさんのレインコートを着て傘をさしている子の絵に惹きこまれて、絵本を作らないかと声を掛け、その絵を描き溜めてから、童謡「きらきら星」の日本語詩をはじめ、童謡詩を多数作られている武鹿悦子さんに言葉を付けて欲しいと依頼したそうです。

絵と言葉が本当にマッチしていて楽しい絵本です。
ちいさなお子さんと雨の日に楽しみながら読み聞かせできる1冊だと思います。


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

ポチっと応援してね(^_-)-☆
固定リンク | comments(1) | trackbacks(0) | この記事を編集する
<<vol102.ゴムあたまポンたろう | vol.100 からすのおかしやさん~かこさとしさんを偲んで >>