CATEGORIES
ARCHIVES
SEARCH THIS SITE.
OTHERS
ADMIN
vol102.ゴムあたまポンたろう   2018-07-12
こんにちは、管理人Mitoです。

先ずは、今回の豪雨による各地の被害に心よりお見舞い申し上げます。

さて、今月は久しぶりに、私好みのナンセンス絵本ご紹介します。
そして、作者は、私の大好きな長新太さんですヽ(^o^)丿

71orAUcwmnL.jpg

「ゴムあたまポンたろう」
作 長 新太

■あらすじ■

ゴムあたまポンたろうは、あたまがゴムでできています。
だから、あたまをポーンとぶつければ、ポーンと遠くにとんでいけるんです。
でも、どこに飛んでいくかはわかりません。
ゴムあたまポンたろうは、気のむくままポーンポーンと、
いろんなところに行って、いろんな出会い、経験をします。

■感想etc…■

まず、この絵本の色がとっても鮮やかで夏にぴったりです。
ゴムあたまポンたろうと一緒に、いろんなところへポーンポーンと飛んでいくうちに、
いやなことも、一瞬忘れます。

いつか時期が来たら紹介しようと、心に秘めていた絵本です。
今回は、時候だとか、世相だとか、自分の気持ちが、この絵本にぴったりはまって
手に取りました。
長信太さんの絵本は、なんか私の心にいつもひっかかり、ナンセンスなんだけど
「清く正しく美しい」ものを感じて、すっきりします。

みなさんも、ポーンと飛んでみてください!
疲れがぶっとぶよ~(#^^#)

幽霊も出てくるよ~('_')









固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
| vol.101 ぴっつんつん >>