CATEGORIES
ARCHIVES
SEARCH THIS SITE.
OTHERS
ADMIN
vol.108 バード兄弟となめにくいハッカキャンディー   2018-12-05
今月で「なすがママ、きゅうりがパパ@home.com」の絵本ブログは最終回です。
集大成になるような絵本を選びたかったのですが、それは無理です。
いつものように、私が日常で気になった絵本をご紹介します。
今回は驚く人が作者ですよ、お楽しみに(*'ω'*)

81TBtgv9s4L.jpg

「バード兄弟となめにくいハッカキャンディー」
ぶん・え 山本 博(ロバート)

■あらすじ■

ある日突然、空におおきな丸い物体があらわれました。
その物体は巨大なアメ玉のようなものだとわかりました。
人々が恐怖におののく中、バード兄弟が立ち上がります。
何年も訓練をかさね、ロケットに乗って、その物体がなんなのかを確かめにいきます。
そして、バード兄弟が、その物体をなめてみると・・・・・・?????

■感 想■

この題名を聞いたとき、ハリーポッターのいたずら発明家兄弟フレッドとジョージを
思い出しました、確か○○キャンディーありましたよね、ゲーゲーキャンディとか。

バード兄弟は、ハッカキャンディーで何をするんでしょうね、人々を幸せにすることには
間違いがないようですよ。

■余 談■

この絵本の作者は、お笑い芸人ロバートの山本博さんです。

あるお笑いの舞台で、ロバートの秋山さんから、このタイトルで来週までにまでにかみしばいを作ってこい、とむちゃぶりな宿題を出されました。
絵心もない、文章のセンスもない、山本さんですが、秋山さんの期待に応えようと
一生懸命描きました。
そして、お笑い作品として、むちゃぶりかみしばいが何作品もうまれました。
作品が随分たまったころ、ロバートの名は伏せ、ある作品を勝手にえほん大賞に応募しました。
すると、出版社から「絵も斬新で、ストーリーが非常に気になる」がと連絡があり、
出版にまでいたったというわけです。

この一連の話を、あるトーク番組で見て、私も非常に気になり、読んでみました。

ロバート秋山さんの、お笑いプロデュース能力と、山本さんの隠れた能力が、
あわさっての、素晴らしいお笑い作品だと思います。

絵本としても、とってもすばらしいです。
読んだ後、ほっこりハッピーになれます。

「バード兄弟となめにくいハッカキャンディー」のほかに
「少年と魔法のサスペンダー」
「シャリーと無意味な飛行場」
「パラディアナ将軍のホントに謙虚なGO!サイン」
のお話が収録されています、ほ~ら、なんか気になるでしょう(#^^#)





固定リンク | comments(1) | trackbacks(0) | この記事を編集する
| vol.107 LEAVES(秋の葉っぱ) >>