CATEGORIES
ARCHIVES
SEARCH THIS SITE.
OTHERS
ADMIN
vol.84「わたし」   2016-10-27
こんにちは、管理人Mitoです。
前回担当のKumiちゃんの記事を読んだら、「夏休みも終了」って!?、
今は10月末、そう2か月近くたってるんですね。
でも、まだまだ暑いぞ~、どうなってんの!!!

秋は食欲の秋でもあるけど、我もの思いに耽る!にも良いですぞ
今月は「わたし」という絵本をご紹介します。
41VPJ5ltbDL._SX440_BO1,204,203,200_.jpg

「わたし」

谷川修太朗 ぶん
長 新太  え


■あらすじ■

「わたし」みちこちゃんは、おにいちゃんから見たわたし、
妹から見たわたし、お友達から見たわたし、
「わたし」って一人なのに、こんなにいっぱいいるの???

■感 想■

みなさんの中の「わたし」は、どんなわたしですか?

「わたし」は、「気さくで感じのいい人」って言われます。
他人から見た「わたし」という人です。

「わたし」が見る「わたし」は・・・承認欲求のかなり強い人なんじゃないかと思ってます。
つまり、認められたいと、いう思いが強い人。

私が覚えていない小さい頃の思い出話があります。、
祖父が今日は映画を見に行こう、と言ったところ、
姉は「私行きたくな-い」
私は「ミト、プーさんの映画が見たい」
すると、祖父は即座に「そうかそうか、それなら映画はやめよう」
と言いました。
その時の私は「おじいちゃん、私はプーさんの映画が見に来た-い-!」
と、何度も泣きじゃくりながら、訴えました。
「あれは、あまりにもミトが可哀そうだった」と近くで見ていた
叔父がその時のことを何度か話していたと、叔母から聞きました。

そのころの姉は、見目も麗しいかわいい盛り、
私はと言えばいつも泣いてばっかりで、誰にもなつかないママっこでした。
そんな事情がわかろうはずもない私は祖父の理不尽な要求の却下に
どうしようもない思いに駆られていたことでしょう。

この話を聞くたびに、覚えていなくてもこういう思いが今も脈々と私の血流にまだ流れている気がします。たぶん、そういう素の自分を一生懸命隠そうとしながら、大人を演じているんでしょうね。

この絵本を読んで、「わたし」の中の「わたし」を思い出しました。

■余 談■

ぶんは、谷川俊太郎さん、えは「キャベツくん」の長新太さんです。





固定リンク | comments(2) | trackbacks(0) | この記事を編集する
<<vol.85 おやすみ、ロジャー | vol.83 おつきさまこんばんは >>