CATEGORIES
ARCHIVES
SEARCH THIS SITE.
OTHERS
ADMIN
vol.89 ゴンガリくんとはじめまして   2017-02-04
こんにちは、管理人Mitoです。
当サイトを作っていただいた、デザイン会社グラフィッコ代表の高橋知子さんが、絵本を作りました。椙山女子学園星野ゼミと、覚王山と本山と東山を猫が洞から発信する街起こしサイト「三ツ山猫プロジェクト」さんとのコラボレーション企画です。
今月は「ゴンガリくんとはじめまして」ご紹介いたします。

70726f647563742f32303137303132345f3366316463372e6a7067003630300000740023666666666666.jpg

「ゴンガリくんとはじめまして」

おはなし グラフィッコ&椙山女子学園大学星野ゼミ&三ツ山猫プロジェクト
絵    グラフィッコ

■あらすじ■

覚王山祭りに遊びに来ていた、みつやまねこミツと、ゴンガリ君は、おまつりの
出し物に出演するはずの、ぞうさんが倒れたと、耳にします。
どうしよう、周りの大人たちが、困ってあきらめている中、
ミツとゴンガリ君は、なにかいい方法はないか、考えます。
「そうだ、東山動物園にたのんでみるのはどうだろう」
ミツとゴンガリ君は、さっそく動物園へ出発します……

■感想■

みなさん、自分のおうちの周りを歩いたことがありますか。
子供の小学校や中学校までとか、いつも車やバスで行く駅までとか。

この絵本の面白いところは、実際に住んでる町がリアルに出てくるところです。
クライマックスには、子供たちも、おとなたちも、覚王山から、東山動物園までてくてく歩きます。

最後のページに、覚王山から、東山動物園までの全景が出てきます。
あ~ここは、末盛交差点の愛知学院大学歯科部付属病院だな、とか、ここは本山のドトール入ってる建物だな、とかわかる中、あれ、こんなところに神社あるんだ~、というのが
出てきました。
車ではしょっちゅう目の前を通っているのに、全然目に入らないから、知りませんでした。

歩いてみると、車の速度では見えないことがいっぱい見えてきます。

私は、午後もや~っとすると、往復30分くらいで帰れる距離を、さっと歩く習慣があります。
歩いているうちに、あそこに白木蓮の木があるとか、とか、彼岸桜の木はあそこ、ザクロの木はあそこ、とか、大体わかっってきて、ここの家はお庭をよく手入れしているなとか、
反対に、随分手入れのしてない可哀そうなお家だな、とか、イロイロ見ます、
あとは、いつもすれ違うあのおばあさん最近会わなくなったな~、とかね。

みなさんも、老後の楽しみと思わず、是非自分のまちを歩いてみてください!






固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
| vol.87 ゆきのひのうさこちゃん >>