CATEGORIES
ARCHIVES
SEARCH THIS SITE.
OTHERS
ADMIN
vol.46 7月の絵本 はちうえはぼくにまかせて   2013-07-11
こんにちは!スタッフkumiです。

梅雨が明けた途端連日36度を超える猛暑が続いていますね!

こんなに暑いと、冷たいものばかり口にしてしまいますが、
こんな時こそしっかり食べて体調管理しなくてはっ!!!

始まったばかりの夏!今月も元気に乗り切りましょう~♪



51464RPW7YL._SS500_.jpg

「はちうえはぼくにまかせて」
ジーン・ジオン さく 
マーガレット・ブロイ・グレアム え
もり ひさし  やく 



■あらすじ■

夏休み、みんなはバカンスにでかけるのに、仕事でどこへも行けないから、好きなことをやっていいと、お父さんに言われたトミー少年。
そこで、彼が始めたのは、バカンスで留守にする近所の家の植木鉢を預かり、お世話をすること。

それぞれの鉢植えに合わせて、日当たりを考えたり、みずやりも、たっぷりのものやスポイトでそっとやるもの等、大切にお世話します。
植物たちは、すくすくと育ち、気がつけば、家の中はジャングルの様!!!




■感想■

6月の絵本で管理人のmitoさんも少しふれてらっしゃいましたが、
この時期の庭木の水やりはなかなか大変ですよね。
はずかしながら、この時期私はなにかしらの鉢を枯らしてしまいます・・・。
これからの時期、夏休みのお出かけ中に、トミーみたいな子が近所にいたら、と願わずにはいられませんよね(*^_^*)
原題がベビーシッターならぬプラントシッター「THE PLANT SITTER」というのも、なるほど!です。

そして、この絵本の素敵だなと思うところは、
ひと夏の間の、トミーと言う少年の成長です。

お父さんの「好きな事をやっていい」と言う言葉に、
ご近所の鉢植えを預かる事を自分で思いつき、お世話をする中で、自分なりに工夫をし、そしてその事によってみんなの役に立ち、喜んでもらえる。
一つの事をやりきった彼は、バカンスよりも良い経験ができたんじゃないかなと思います。

長~い夏休み、娘にも何か一つの事に取り組んで、充実した毎日を送って欲しいな~と願う母でした(^u^)


みなさんも、良い夏休みをお過ごしくださいネ!





固定リンク | comments(1) | trackbacks(0) | この記事を編集する
vol.45 6月の絵本 にわか雨はざんざんぶり   2013-06-12
こんにちは、管理人Mitoです。
6月に入りました。
今年は早くに梅雨入り宣言がされましたね。
でも、まだまだ長雨はなく、雨が降るのかなと思うと、曇りで1日もったりします。
この時期が一番困るのが庭木の水やり、かんかん照りなら間違いなく水やりするのに、曇ってるとついつい忘れてしまいます。降るなら降る!晴れなら晴れ!はっきりしてちょーだい。


51-1nZUSxGL__SL500_.jpg
「にわか雨はざんざんぶり」

さく・え わかやま けん


■あらすじ■

げんちゃんと、けんちゃんのふたごの兄弟が、公園で水遊びをしていると、にわか雨がざーっと降ってきます。雨が降って一度は帰ったこの2人、雨が小ぶりになった夕方、また公園にやってきます。
げんちゃんと、けんちゃんの太ももあたりまで水につかった公園で、またおおはしゃぎ。
水中シーソーぎっこんばったん、ブランコもじゃぶじゃぶと、滑り台も水中下りに早変わり。

家に帰ると、お母さんはびっくりしながらも温かく出迎えてくれます。

■感 想■

男の子を持つお母さんなら、あるあるこんなことと思うはず。
うちの息子も、小学生のころ、台風警報で帰ってきというのに、友達と風の吹く嵐の中、外にとびだしていって「すごい嵐だ~」と大騒ぎをしていたのを思い出します。
1度は、大降りの中、テラスに飛び出してびしょぬれになりながら、大喜びしていたこともありました。

まあ、これが男の子を育てる醍醐味というものでしょう。

■余 談■

私が絵本を選ぶ基準は、息子なら喜ぶかな(もう高2だけど、もちろん小さいころを思い出してです)という点で、やはり男の子目線がが多いと思います。

スタッフKumiちゃんは女の子のお母さんなので、やさしいかわいい絵本が多いですよね。

そういう点でも、この絵本ブログを楽しんでいただけたらと思います(^u^)

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

ポチっと応援してね(^_-)-☆









固定リンク | comments(1) | trackbacks(0) | この記事を編集する
vol.44 5月の絵本 こねこのははのひ   2013-04-30
こんにちは!なすままスタッフkumiです9^^3
5月は、GW、こどもの日など、イベント盛りだくさん!!!
いつもはこども中心のイベントが多いですが、今月だけはママのお祝い♪


koneko.jpg

こねこのははのひ
やすい すえこ (著)  しのざき みつお (イラスト)



■あらすじ■
母の日について公園で語る親子の話を聞きながら、
自分たちも大好きなお母さんに何かプレゼントしよう!と思い立った、
三匹の子猫たち。

一生懸命プレゼントを考える子猫たち。
子猫もおかあさんが大好きなのですね。

そして、子猫たちがお母さんにプレゼントしたのは???

おかあさんになってよかった、と思える心が温まるお話です。

母の日の由来もわかりますよ!


■感想■
おかあさんになって、はじめて娘から母の日にプレゼントをもらったのは、
幼稚園で描いた似顔絵。
とってもとっても嬉しかったのを覚えています。
小学生になった今も毎年、何か手作りしたり、絵を描いてプレゼントしてくれるのですが、
娘の笑顔と「ありがとう」の一言が最高のプレゼントです。

こねこたちも大好きなおかあさんのため、何をプレゼントしたらおかあさんが喜んでくれるか一生懸命考えます。

何をもらってもそのプロセスを思うと本当に愛おしいですよね。

イラストもほんわか優しいタッチで、母の日にお子さんを膝にのせて幸せな時間を過ごしてもらえる1冊だと思いますヨ♡


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

ポチっと応援してね(^_-)-☆




固定リンク | comments(1) | trackbacks(0) | この記事を編集する
vol.43 4月の絵本 やさいのおしゃべり   2013-04-04
こんにちは、管理人Mitoです。
4月に入りました。ゴールデンウィークが近づくにつれて、野菜の苗のチラシをよく見かけます。去年は、ミニトマトとなすを育てたから、今年は何かなあ、面倒くさいと思いながら、園芸センターに行くとついつい手が伸びてしまいます。今月は、野菜のおはなしをご紹介します。


5148XMQH31L__SL500_AA300_.jpg
「やさいのおしゃべり」

さく 泉 なほ
え  いもとようこ


■あらすじ+感想■

「あっ、にんじん安売りしてる、ちょっと多いけど買っとこう」なんて、5~6本入った人参の袋、気付いてみれば、野菜室でにんじんがふにゃふにゃに、なんてことありませんか?
この絵本は、野菜室に入れられた、やさいたちのおしゃべりのお話です。

「きょうは、出番があるだろうか」と野菜室に閉じ込められた野菜たちは、人間に左右される自分たちの運命を憂いているのです。

読み進みにつれて、かわいいやさいたちのおはなしに、私たちが、いかに無駄な買い物をして、無駄なごみを出しているのか、身につまされてきます。

■余 談■

いもとようこさんの絵本は、見ているだけで、ほんわかとやさしい気分になりますよね。
息子が生まれた時、私の母からプレゼントされた、はじめての絵本がいもとようこさんの「あかちゃんのための絵本 いないいないばあ」でした。数えきれないくらい、息子と「いないいないばあ」をして、あかちゃんから卒業した時、お友達にあげてしまいました。「とっておけばよかったなあ」と今ちょっと後悔です。

いもとようこさんのサイトを見つけました。⇒こちら

■余 談2■

そういえば、当サイトは、なすときゅうりが主人公、この絵本は、なすくんと、
きゅうりくん、大活躍の絵本です。是非見てね!

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

ポチっと応援してね(^_-)-☆








固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
vol.42 3月の絵本 のはらの ひなまつり   2013-03-04
こんにちは!スタッフKUMIです☆
まだまだ冷たい風にダウンコートが手放せませんが、桃の節句も迎え
春の気配を感じるこの頃。
3月は、女の子の特別な日「お雛祭り」のお話をご紹介します。
男の子も、ママのお祭りを一緒にお祝いしちゃいましょう^^)


のはらのひなまつり.jpg

のはらのひなまつり

神沢利子・作  岩村和郎・絵



■あらすじ■

きょうはひなまつり。
ともこが紙で色紙でおひなさまを作っていると、風がびゅーっと吹いてきて、色紙と作ったおひなさまをふき飛ばしてしまいます。
木に登っていたゆうくんと一緒に木の上からおひなさまを探していると、むこうに、ねずみやうさぎが、たんぽぽ野原でひなまつりをするために、走って行くのが見えました。
ねずみたちのあとをついていくと、そこには・・・。



■感想■

おひなまつり、みなさんはどんなふうにお祝いされますか??
幼稚園や保育園ではこの時期、色紙などでおひなさまを作ったり、絵を描いたりするところも
多いかと思います。小さな手で描かれた絵や工作は本当にかわいくて、飾っていても気持ちがなごみますよね^^)

この絵本は、動物達と一緒に手作りのおひなさまで祝う楽しいひなまつり。
とってもほのぼのするお話です。

ほのぼのしたお話にぴったりのやさしい絵は、ねずみの家族のおはなし「14ひきシリーズ」で有名な岩村和朗さん。

最後に、たんぽぽびなの作り方や「ひなまつり」の由来などが載っているのも嬉しい、
おひなまつりにぴったりの絵本です。

タンポポが咲いたらたんぽぽびな作ってみたいな~。



にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

ポチっと応援してね(^_-)-☆




固定リンク | comments(1) | trackbacks(0) | この記事を編集する