CATEGORIES
ARCHIVES
SEARCH THIS SITE.
OTHERS
ADMIN
9月の絵本 エミリー   2010-08-28
410P6KW4W4L__SL160_PIsitb-sticker-arrow-dp,TopRight,12,-18_SH30_OU09_AA115_.jpg

エミリー ザ・ストレンジ

コズミック・デプリ 作
宇多田ヒカル 訳


宇多田ヒカルさんが、8月はじめ休養宣言しました
今回は、以前から気になっていて、いつか読もうと思っていた
宇多田ヒカルさんが訳した、エミリー ザ・ストレンジを読んでみました

※この本は、乳幼児には不適切です 小学校3年生ぐらいからおすすめです

■あらすじ■

エミリーは人といっしょが大嫌い
迷子になって喪失感を楽しむ
善人のようで、悪魔のようでも、とってもナイーブな女の子
でも、何物にも寄らない、ぐらつかない、いつでも自分をしっかり持っている

さあ、エミリーのストレンジワールドへようこそ!

■感想■

この本は、宇多田ヒカルが書いたわけでないけど、エミリー=曲からイメージする宇多田ヒカルに見えました

宇多田ヒカルのメロディー、詩には、せつなさとか、孤独とかネガティブな要素が見えるけど、
それが、実は彼女のポジティブなかっこよさなのかな、エミリーもそんな女の子

私には、まったくない要素をたくさん持った女の子エミリー、かっこよくて素敵です

■余談■

あるラジオ番組の宇多田ヒカルインタビューで「私の愛読書は宮沢賢治 曲作りで息詰まるといつも開いている本です」というような話を聞き、そこから彼女のことがちょっと気になってました

今回、これおを書くにあたり、はじめて宇多田ヒカルのCD借りて今聞きながら書いてます
宇多田ヒカルの曲を聞きながら(特にhert stationのアルバム)、エミリー・ザ・ストレンジ読むことも、お勧めします

最後に、休養宣言した宇多田ヒカルさんのメッセージともとれると、勝手に思った絵本の一説から
「エミリーの未来は、エミリーのみぞ知る」
「エミリーは変わらない」



10月は、スタッフKumiさんです どんな本を選んでくれるかな?楽しみです











固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
8月の絵本 エリセラさんご   2010-07-28
エリセラさんご.jpg

エリセラさんご

ぶん 水木桂子 え 和田誠


■あらすじ■

Life,How Wonderful!!(いのちはすばらしい)

ひろくあおいせかいに ももいろのこつぶ ひとつ。

小さなさんごの赤ちゃんプラヌラが自分で見つけたすてきな場所で、

エリセラさんごになりました。

■感想■

今年の夏は本当に暑いですね!
ここ数年、世界中で異常気象が見られていて、なんだか怖いです。

和田誠さんの色使いがかわいい絵も魅力的な
この本はリズミカルな文と英文が同時に書かれていて楽しくサンゴの生態が学べます。

エリセラさんごは、本来きれいな海と食物を運び幼虫を送り出すのに必要な海流のあるところなら、どこにでも住んでいます。

でも、今サンゴ礁の多くは汚れています。
なぜでしょう??

サンゴ礁が死にかけたり、死んだりしていいるのは、人間のせいです。

人間の陸での行為が世界中の海を荒らしています。

気配りのなさ、あまりにも早急な開発が、海や陸の命を破壊しています。

この絵本の作者はは海に住む命について学び、理解することが人々にとって大切なことだと書いています。

もし海が綺麗で、サンゴが繁栄することができれば魚も他の生物も繁栄します。

そして人間も。

海はわたしたちの地球すべてを結んでいるのです。

今年COP10が名古屋で開かれます。

人間をふくむすべての生きものが共に生きていけるように、身近な所から
生物多様性を守っていきたいですね。


9月担当は、管理人mitoさんです、よろしくお願いしま~す!




固定リンク | comments(1) | trackbacks(0) | この記事を編集する
7月の絵本 ぐりとぐらのかいすいよく   2010-06-30
ぐりとぐらのかいすいよく.jpg

ぐりとぐらのかすいよく

なかがわりえこ やまわきゆりこ 文・絵


■あらすじ■

ある日ぐりとぐらが、海辺であそんでいると、手紙の入ったびんをひろいます

その手紙は、しんじゅとうだいのうみぼうずからでした

「しんせつなともだちへ

 しんじゅとうだいへきてください

 うみぼうずより」

さてさて、うみぼうずは、ぐりとぐらに何をしてほしいのでしょう
そしてお礼にうみぼうずは何をしてくれるのでしょう

ぐりとぐらと、うみぼうずの夏の一時の友情物語です

■感想■

さあさあ、もうすぐ夏休み、海に行く計画をたてていらっしゃるご家族が、たくさんいらっしゃるでしょうね

そんな夏の気分を盛り上げてくれる清涼感ある絵本です

私がこの絵本で一番好きなところは、うみぼうずから、ぐりとぐらがいろんな泳ぎ方を教わるところです

ぐりとぐらは、行きは泳げないので、うみぼうずのいるしんじゅとうだいまで、うきぶくろにのって行くのですが、帰りは、うみぼうずに教わった泳ぎで、とぶように帰ってきます

私には、これがうらやましくてなりません

海で泳ぐと、クロールなんてやろうものなら、鼻から口から塩水がどばっと入って大変なことになります

これを克服して、海の上を、うみぼうずのように自由自在に泳げたなら、海がもっともっと好きになるのでしょうね


■余談■

今手元にあるこの絵本は、夫が子ども時代に読んでもらっていたものです
あるページに、夫が子どものころに書いた、うみぼうずが海から顔を出している、落書きがあります
そして、それをまた息子がまねて描いた、うみぼうずの顔と並んで、そのページには、4頭のうみぼうずが出現します

親子2代にわたって読み継がれた本、そして描き継がれたらくがき、なんだかほのぼのします
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
6月の絵本  はがぬけたらどうするの?   2010-05-30
はがぬけたらどうするの?.jpg
はがぬけたらどうするの?
セルビー・ビーラー 文
ブライアン・カラス 絵
こだま ともこ   訳


■あらすじ■

こんな めに あったひと、いるかな?
はが いっぽん ぐらぐらしてる。
いたっ! ゆびで つまむと きこきこ うごく。
したで まえや うしろに うごかしてみる。
で・・・あるひ その はが ぬける。
「ほら、みて! はが ぬけたよ! はが ぬけたよ!」
で・・・その は、どうするの?
せかいじゅうの こどもたちに きいてみた、
ぬけた はの はなし。

■感想■

6月4日は 「虫歯予防デー」と言うことで、6月は「歯」がテーマのお話を選んでみました。

この本は娘が幼稚園の時、1本2本と子供の歯が抜け、大人の歯に生え変わる頃選んだ本です。
まさに!「はがぬけたらどうするの??」の答えに、
ばっちり答えてくれます。

この頃の子供達は皆どこかしらの歯が抜けていて、またその笑顔がかわいくて、私は、好きです。
世界中の子供たちがこの「はが ぬけた!」イベントを同じように大切にしていて、丈夫で綺麗な大人の歯を願う親の気持ちは一緒なんだな~と思うとなんだか嬉しいですよね。
娘はtooth boxで保管ですが、
私が子供の頃は、下の歯が抜けたら屋根に向かって投げて、上の歯が抜けたら縁の下に投げていました。
これには新しい歯がまっすぐはえるようにと言う願いが込められているそうです。新しい歯は古い歯のあるほうにのびるんですって。

アメリカでは抜けた歯を枕の下にいれておくと、寝ている間に歯の妖精がやってきて抜けた歯をもっていく。
それで、お金をおいていってくれるそうです。
娘は「いいな~」って羨ましがってました(#^.^#)

他にも、ヨーロッパやアフリカ、中近東、アジア、オセアニアの各国の歯が抜けた時の習慣と、地図もついていて
「なるほど~!」
と子供と一緒に楽しい時間が過ごせる絵本だと思いますので、
是非読んでみて下さい(^_-)-☆

7月担当は、管理人mitoさんです、よろしくお願いしま~す!
固定リンク | comments(1) | trackbacks(0) | この記事を編集する
5月の絵本 キャベツくん   2010-04-29
キャベツくん.jpg

キャベツくん
長 新太 文・絵


■あらすじ■

キャベツくんがあるいていると、ブタヤマさんにあいました
ブタヤマさんはキャベツくんを食べようとするのですが、キャベツくんは「ぼくを食べるとこうなるぞ!」とおどします
そしたら、ブタヤマさんは、ほかの動物がキャベツくんを食べたらどうなるか、次々と質問していきます

■感想■

今は、野菜の高騰が続いていますね
今月は「キャベツくん」しかないと思い選んでみました

とにかくナンセンスのかたまりのような絵本です
最初はもちろんのこと、何回読んでも「なんなのこれ、よくわからない」の連続でした
今回、表紙の見開きページに作者 長 新太さんのことばが書かれていました

せまいまちにすんでいるせいか、ぼくは、ひろいところがだいすきです ちへいせんのみえるところとか、うみやそらが、いっぺんにみえるとこととか、うみやそらが、いっぺんにみえるところが、だいすきです。ひろひろいそらをみていると、いろいろなものがみえてきます。ブタヤマさんは、おなかがペコペコなので、このえほんにでてくるようなものを、みたのです。…続く


でも、今回これを読んでから、読み始めたら、すーっと心の中に入ってきましたよ

■余談■

ナンセンスを表現できる人は、必ず頭がいいというのが、私の持論です
物事の真意がなんなのかとか、世の中の普遍的な大事なことはいったい何なのかが、わかっている人。わけのわかったようなことは、絶対に言わないけれど、実は、ふかーくわけがわかっている人

長新太さんの作品を読むと
「おれの脳みそを見てみるか、ほれほれ、わけがわかんないだろ!」と
挑発されているような気がします
私は、わけのわかったようなことを言いたがる大人なので、ちっともわけがわからないんです

長新太さんの作品のわけがわからない人は、こちらを読むことをオススメします

「海のビー玉」長 新太 平凡社
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する