CATEGORIES
ARCHIVES
SEARCH THIS SITE.
OTHERS
ADMIN
vol.35 焼きなすのイタリア風   2012-06-06
初夏ですね~。今回は、夏野菜の代表選手、なすを使った料理を紹介します。

20120606-6.jpg

■材 料■
20120606.jpg

3人分
なす 3本
にんにく 1~2かけ スライスする
バルサミコ酢
オリーブオイル
ミント
塩・黒こしょう

■作り方■

1.なすのヘタの下にぐるりと切り込みを入れて、魚焼き器で10分焼く
20120606-2.jpg
2.熱いうちに皮をむく
20120606-3.jpg
3.横半分、縦に3等分、それをまた3等分して、拍子切りにする
4.キッチンペーパーを引いたトレーにのせて、水気を十分切る
  冷蔵庫で冷やしておく
20120606-4.jpg
5.冷えたら、盛りつけ用のお皿に、重ならないように並べる
6.塩・こしょうをする
7.スライスしたにんにくをのせる
8.多めのバルサミコ酢をかける
9.オリーブオイルをまわしかける
10.ミントをのせる
11.ラップをして、冷蔵庫で30分ほどなじませて完成

■point!■

なすは水気が多く、味がうすまってしまうので、よく水気をきること
バルサミコ酢は多めが美味しいです。


■余談■

今年は、ミニトマトとなすを植えました。初挑戦です!葉っぱや茎が、すでになす色できれいです。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
vol.34 新じゃがいもと新たまねぎのフリッタータ   2012-05-14
今月も、新じゃが、新たまねぎですみません。それだけ、私が好きな食材なんです。
今回はイタリア風のオムレツフリッタータです。
オムレツ7 .jpg

■材 料■
P1011270.JPG
4人分
卵      4個
新じゃがいも 3個
新たまねぎ  1個
ベーコン   50g 
粉チーズ
オリーブオイル
サラダ油

■作り方■

1.じゃがいもは大きめのさいの目に切る。たまねぎは細めのくし切りにする。ベーコンは1~2センチ幅に切る。
3.じゃがいもを耐熱皿に入れてラップをふんわりかけて4分かける
オムレツ.jpg
4.フライパンでベーコンを油が出るまでいためる
5.ベーコンを寄せて新玉ねぎをいためる。塩、こしょうをする
6.ジャガイモを加えて軽く炒め、塩、こしょうをする
7.ボールに卵を割りいれて、かきまぜる 粉チーズを入れる
オムレツ4.jpg
8.6のフライパンの具を卵液に入れて混ぜる
オムレツ5.jpg
9.フライパンをよく熱して、たくさんめのオリーブオイル(もしくはサラダ油)を入れて、卵液を流しいれる
10.少しかき混ぜてふたをして強めの弱火で、10分ほど
11.固まってきたら、お皿にひっくり返し、そのままフライパンに返し、裏側を焼く
オムレツ6 .jpg
12.お皿に移して完成!

■余談■

イタリア版オムレツがつまりフリッタータなんでしょうね。今回は、粉チーズをパルミジャーノにして、オリーブオイルを使ってイタリア感を出しました。


卵料理はテフロンフライパンをおすすめします!お皿にひっくり返したときに出来栄え感が決まります!今回は、半分ひっついっちゃった(>_<)
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
vo33 鶏肉と新じゃがいもと新玉ねぎのローズマリー風味   2012-04-11
先月に続き、新じゃが、そして今月は新たまねぎも使ったイタリアンのメイン料理を紹介します。
P1011262.JPG

■材 料■
P1011261.JPG

4人分
鶏もも         4枚   両面、塩、こしょうしておく
じゃがいも       4個   くし型に縦8等分
たまねぎ        1個   くし型に縦8等分
ローズマリー
塩・こしょう
オリーブオイル

■作り方■

1.フライパンに、オリーブオイル熱し、鶏を皮目から、こんがりじっくりと焼く
2.鶏に、充分焼き色がつき半分やけたところで、ジャガイモを加え、塩・こしょうする
3.ふたして、10分
4.たまねぎ加え、たまねぎに、塩、こしょうし、ローズマリーも加えて、8分ほど蒸し焼きにする
5.盛り付け時に、オリーブオイルをまわしかけ、完成
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
vol.32 春じゃがいものハッシュドポテト   2012-03-04
新じゃがいもがスーパーに並ぶようになりました。今日は、簡単にできるハッシュドポテトご紹介します。

ポテト4.jpg

■材 料■
ポテト1.jpg

じゃがいも 3個
ベーコン  3枚 (写真はベーコンのかたまり)
たまねぎ  1/4個
細切りチーズ カップ1/2(写真はパルミジャーノチーズ)
塩・こしょう
サラダ油  多め

■作り方■
1.じゃがいもを千切りする。千切りスライサーがあれば大変便利
ポテト2.jpg
2.たまねぎを千切り、ベーコンは細切りにする。
3.以上の材料をボールに入れ、塩・こしょうをしてよく混ぜる
ポテト3.jpg
4.フライパンを熱し、サラダ油を多めに入れて、3の材料をお好み焼きのように、広げる
ポテト4.jpg
5.ふたをして、8分ほど焼く。
6.ポテトを食べてみて火が通っているようであれば、ふたを使ってひっくり返して、皿に盛って、できあがり

■余談■

油は多めにしないと、ポテトのでんぷんがくっつきやすいです。
表面がカリッと焼けているのがポイントです。
今日のできあがりは、写真を見てわかるように60点、フライパンに対して、材料が多すぎました。







固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
vol.31カキのしぐれ煮   2012-02-09
冬はカキが美味しい季節。今回はお酒にもぴったり、「時雨煮」をご紹介します。


カキ4.jpg

■材 料■
P1011236.JPG
生ガキ 400g
針しょうが 1片分
酒   200cc
砂糖  大さじ3
しょうゆ、みりん 大さじ4

■作り方■
1.針しょうがを作る
P1011238.JPG
1.カキをざるに入れては多めの塩をふって、振る。灰汁が出る
カキ1.jpg
2.ため水にカキを入れて灰汁を洗い、ざるに取る
3.鍋にカキ、酒を入れる。
カキ2.jpg
4.強火にかけて、しょうゆ以外の、みりん、砂糖、しょうがを加える
5.灰汁をこまめにすくう
6.煮汁が少なくなってきて、つやが出てきたら、鍋をゆすり、全体にからめてできあがり
カキ3.jpg

■余談■

海外では「R」のつく月がカキが美味しく食べられる季節と言われています。今は、2月February大丈夫ですね。

■infomation■

参考レシピ→クックパッド






固定リンク | comments(1) | trackbacks(0) | この記事を編集する