CATEGORIES
ARCHIVES
SEARCH THIS SITE.
OTHERS
ADMIN
vol.22 タケノコのゆで方   2011-04-28
ニョキニョキっとしたタケノコをスーパーで見かけるようになりました タケノコ料理は、タケノコの水煮を買ってしまうことがほどんどかと思いますが、あのエグミは、生でなきゃ味わえません ちょっと時間がかかるけど、手間はほとんどなし、一度お試しください


■材 料■
P4251434.JPG
タケノコ 1つ
米ぬか 小袋1つ(タケノコの横にだいだい置いてます)
赤トウガラシ 2~3本

■作り方■
1.根元から皮を3~4枚はがし、本体を傷つけない程度に包丁目を1本入れる
P4251435.JPG
2.先端の部分を斜めに切り落とす
3.大きな鍋に、タケノコと米ぬかと赤トウガラシを入れ、水をたっぷり加える
P4251436.JPG
4.落としブタをして強火にかけ、その後弱火で1時間半から2時間ゆでる
P4251437.JPG
5.竹串をさして、すっと通ったら、火を止めて、自然に冷まし、切り目から皮を開くようにしてむく
P4261438.JPG
6.根っこのごく堅い部分を切り落とし、水洗いして真水にさらす

■余談■
堅い部分は⇒チンジャオロース、たけのこご飯
穂先は⇒若竹煮、てんぷらなど
姫皮⇒これは、生ならではの大特典!先っちょのピラピラした皮です、絶対捨てないでくださいね、 梅和えにしたり、お吸い物に入れたり!

今回は、若竹煮を作ってみました!
P4261439.JPG
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
vol.21 春の豆の翡翠スープ   2011-04-07
こんにちは
お隣のミモザが満開、我が家の庭の雪柳も満開、坂道の桜ももうすぐ満開です

春といえば、豆類が豊富です
今回は、緑の豆を使った翡翠色のスープのレシピです


P4051431.JPG


■材 料■

P4051429.JPG
2人分
グリンピース 2パック
ソラマメ   2袋  さやから出して、皮をむく
玉ねぎ    半分
バター    大さじ1
コンソメの素 1/2~1個
水      250cc
牛乳     150cc
生クリーム  50cc
塩・こしょう

■作り方■

1.鍋を熱し、バターを入れる
2.玉ねぎを入れて、少し炒める
3.豆類を入れて炒める
4.水250cc、コンソメの素、塩を入れて15分煮る
5.冷ましてから、ミキサーかフードプロセッサーで撹拌する
6.鍋にもどして、牛乳を加える、塩・こしょうで味を調える
7.最後に生クリームを加える









固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
vol.20春のスパゲッティーニ   2011-03-04
3月になりました 今回は、春野菜、菜の花、ソラマメを使ったパスタです!色どりが春色です
春のスパゲッティーニ2.jpg

■材 料■

2人分
スパゲッティーニ     160g
菜の花        1束
ソラマメ       1袋
*ドライトマト    10個分 半分はあらく刻んでおく
にんにく       半かけ
赤唐辛子       1本
E.Xオリーブオイル     適量

1.菜の花を塩をいれた湯で茹でる。冷水にとって食べやすい大きさに切っておく
2.スパゲッティを茹で始める。オリーブオイル大さじ4で、にんにく、赤唐辛子をいため、
香りがでたら、、ソラマメを炒める
3.菜の花、ドライトマトを加えるパスタの茹で汁を大さじ4加える
4.パスタをよくあえて完成
5.仕上げにオリーブオイルを好みでふりかける

*ドライトマトの作り方
ドライトマト.JPG

ミニトマトを半分に切る。オリーブオイル、塩をふりかけ
110℃のオーブンで2時間 
さらに、1昼夜自然乾燥させる

■余談■

毎回今月のおいしいレシピのために、記事更新の直前に作って食べてみて、興奮冷めやらぬうちに記事を書くのですが、今回は時間がなく断念
でも、私の料理教室の定番メニューですので、味は折り紙つきです!

春野菜は、アスパラガスなんかを加えてもまた楽しいですね!



固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
vol.19カリフラワーの温サラダ   2011-02-03
今が旬のカリフラワー、ブロッコリに比べると、スーパーでの存在感がかなり薄いですね。でも、ビタミンCもあり、加熱しても含有量は同じで、蒸したり焼いたりするととっても美味しいんですよ。今回は、温サラダで食べてみましょう


P1281392.JPG

材料
P1211372.JPG
カリフラワー 1株 300~500g
アンチョヴィ 8枚
松の実 大さじ1
ケッパー 大さじ1
パン粉 大匙2
オリーブオイル 大さじ2
パセリ ひとつかみ

1.カリフラワーを適当な大きさに切り、10分ほどゆでる
2.パセリ・ケッパー、松の実、パン粉、アンチョヴィをみじん切りにしながら混ぜ、オリーブオイルも加える
P1281380.JPG
3.ゆでてよく水気をきったカリフラワーに2をあえて、180度のオーブンで15分ほど焼く




固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
vol.18 黒豆   2011-01-02
あけましておめでとうございます。今回は、「くろまめ、まめ、まめ、イソフラ、ボン♪、ボン♪、ボン♪」の女性の強力な味方、イソフラボンたっぷりの黒豆煮をご紹介しまーす!

P1021371.JPG

材料
PC301365.JPG
黒豆 300g
熱湯 2リットル
砂糖 250g
しょうゆ カップ1/4
塩 大さじ1/2
重層 小さじ1/2

1.黒豆はごみを取り除き、水で洗ってざるにとり、水気を切る
2.鍋に熱湯カップ10と砂糖、しょうゆ、塩、重層、黒豆を入れ、そのまま4-5時間置く
3.鍋をつけ汁ごと中~強火にかけ、沸騰したら、泡やアクをていねいに取る
黒豆.jpg
4.あくを取ったら、水カップ1/2を入れて煮立つのを止め、再び沸騰してきたらさらに水カップ1/2を入れて煮立つのを止める
5.次に沸騰したらごく弱火にして落としブタと鍋ぶたをし、煮汁がヒタヒタになるまで、約8時間煮て火を止め、一昼夜おいて味を含ませる


■余 談■

まず寝る前に準備して、翌日8時間煮る、そして翌日完成と3日がかりですが、実質手間がかかるのは最初だけ、あとは待つだけなんです

お家でゆっくりできる2日間があるなら、是非作ってみてください、絶対失敗しませんよ!

私は、おせちは夫の実家の母任せなのですが、黒豆だけは煮て持って行って、嫁の株をあげております

このレシピは、関西の日本料理界の大家、土井勝先生のレシピです




固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する