CATEGORIES
ARCHIVES
SEARCH THIS SITE.
OTHERS
ADMIN
vol.19カリフラワーの温サラダ   2011-02-03
今が旬のカリフラワー、ブロッコリに比べると、スーパーでの存在感がかなり薄いですね。でも、ビタミンCもあり、加熱しても含有量は同じで、蒸したり焼いたりするととっても美味しいんですよ。今回は、温サラダで食べてみましょう


P1281392.JPG

材料
P1211372.JPG
カリフラワー 1株 300~500g
アンチョヴィ 8枚
松の実 大さじ1
ケッパー 大さじ1
パン粉 大匙2
オリーブオイル 大さじ2
パセリ ひとつかみ

1.カリフラワーを適当な大きさに切り、10分ほどゆでる
2.パセリ・ケッパー、松の実、パン粉、アンチョヴィをみじん切りにしながら混ぜ、オリーブオイルも加える
P1281380.JPG
3.ゆでてよく水気をきったカリフラワーに2をあえて、180度のオーブンで15分ほど焼く




固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
vol.18 黒豆   2011-01-02
あけましておめでとうございます。今回は、「くろまめ、まめ、まめ、イソフラ、ボン♪、ボン♪、ボン♪」の女性の強力な味方、イソフラボンたっぷりの黒豆煮をご紹介しまーす!

P1021371.JPG

材料
PC301365.JPG
黒豆 300g
熱湯 2リットル
砂糖 250g
しょうゆ カップ1/4
塩 大さじ1/2
重層 小さじ1/2

1.黒豆はごみを取り除き、水で洗ってざるにとり、水気を切る
2.鍋に熱湯カップ10と砂糖、しょうゆ、塩、重層、黒豆を入れ、そのまま4-5時間置く
3.鍋をつけ汁ごと中~強火にかけ、沸騰したら、泡やアクをていねいに取る
黒豆.jpg
4.あくを取ったら、水カップ1/2を入れて煮立つのを止め、再び沸騰してきたらさらに水カップ1/2を入れて煮立つのを止める
5.次に沸騰したらごく弱火にして落としブタと鍋ぶたをし、煮汁がヒタヒタになるまで、約8時間煮て火を止め、一昼夜おいて味を含ませる


■余 談■

まず寝る前に準備して、翌日8時間煮る、そして翌日完成と3日がかりですが、実質手間がかかるのは最初だけ、あとは待つだけなんです

お家でゆっくりできる2日間があるなら、是非作ってみてください、絶対失敗しませんよ!

私は、おせちは夫の実家の母任せなのですが、黒豆だけは煮て持って行って、嫁の株をあげております

このレシピは、関西の日本料理界の大家、土井勝先生のレシピです




固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
vol.17 ブッシュ・ド・ノエル   2010-11-30
今年は、秋が短かったとはいえ、師走になってやっとの紅葉の季節を迎えました
体内時計が狂いっぱなしですね。でも、12月はやっぱり、あのイベントがやってきます!待ってましたクリスマス!5分でできる、ブッシュ・ド・ノエルのレシピです


ブッシュ ド ノエル.のコピー.jpg

材料
市販のロールケーキ    1本
生クリーム 100cc
苺            1パック
キーウィ         1個
アラザン(銀玉のお菓子)
ココアパウダー

お皿
花形レース紙ナプキン

1.生クリームをホイップする
2.苺、キーウィを5ミリ角に切る
3.ロールケーキの端から5センチほどのところを斜めに切る
4.土台になる方のケーキに、切り口は残して生クリームをぬる
5.切り落としたケーキを、上にのっける
6.切り口を残して、生クリームをぬる
7.木かぶに見えるように、フォークで模様をつける
8.ココアパウダーを振り掛ける
9.苺、キーウィをたっぷりのせる
10.アラザンも載せる
11.お皿に花形レース紙ナプキンを敷いて、ケーキを載せて完成

■余 談■

この簡単レシピを思いついた時は、私って天才!と、思いましたが
残念ながら、オレンジページやら、あらゆるところで、同じようなレシピはいっぱいありました

とにかくロールケーキは、フジパンやヤマザキの100円ロールでいいんです
十分美味しいです
味が、バニラやら、コーヒーやら、チョコレートやらありますから、お好みで選んでくださいね

ここのところロールケーキがはやってますから、もちろん堂島ロールなど高級ロールで作ったって構いませんよ








固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
vol.16じゃがいもとしいたけのオイル煮   2010-11-01
きのこをたくさん食すると体の調子がよいのは、私だけでしょうか
今回も、免疫力アップきのこたっぷりのメニューです


じゃがいもときのこ3.jpg

■材料■
じゃがいもときのこ.jpg

4人分

じゃがいも 2個
しいたけ  大4枚
マッシュルーム 2パック
にんにく  1かけ
オリーブオイル  80cc
塩・こしょう
イタリアンパセリ 大さじ1

1. じゃがいもを一口大に切る、しいたけは、軸をとって4等分に切る、マッシュルームも4等分に切る、にんにくはつぶしておく
じゃがいもときのこ2.jpg
2.鍋にオリーブオイルとにんにくを入れて、弱火にかけ、香りが出てきたら、1の材料をすべ  て加えさっといためる
3.塩、こしょうを加え、ふたをして弱火で、15~20分ほど蒸し煮する
4.味を調え、イタリアンパセリをあえてできあがり

■余談■

よくよく見たら、前回はスープでしたが、食材がほぼ同じですね
よほど、今の私の体が欲している、食材なのでしょう

このレシピは、私が愛用しているDHC化粧品の冊子に載っていたものです
先生は坂田阿希子先生です



固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
vol.15  きのこのスープ   2010-09-29
やっとスープの飲みたい季節になってまいりました
今回は秋の味覚、きのこを使ったスープです


きのこスープ.jpg


■材料■
2-3人分

P9281343.JPG

生シイタケ 5-6枚+浮き実分
たまねぎ  1/2個
じゃがいも 中1個
バター   大さじ1
オリーブオイル(サラダ油) 大さじ1
水     300cc
コンソメの素 半分
牛乳    200cc

こしょう
タイム(好みで)
ローリエ(好みで)

1. 浮き実にするしいたけ人数分軸ごと薄くスライスする
  フライパンでオリーブオイルで、中火で両面焼いておく
1. しいたけの石突の先を切り、薄切りにしていく
  玉ねぎ、1センチ幅、ジャガイモは、イチョウ切りにする
2.鍋にバターを溶かし、オリーブオイルを入れて、バターが焦げる前に
  1の材料を入れて、しばらくいためる
3.水・コンソメの素、塩、あればローリエ、タイム(茶パックに入れたほうがいい)
  を入れて15分中火で煮る(あくは取る)
P9281344.JPG
”この時点で、かなりおいしい、このままでもおかずになりそう”

4.冷ましてから、ミキサーなどで、クリーム状にする
5.もう1度鍋に戻して、牛乳を加えて、味を調え完成
6.さらに盛り、浮き実をのせ、タイムを散らす

■余談■

今日のレシピは、イタリア料理研究家で有名な有本葉子さんのレシピ(朝日新聞9/11)
私なりに、面倒くさい工程は、割愛してます
マダムな素敵なおばさまです
有元葉子さんのHP⇒こちら


固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する