CATEGORIES
ARCHIVES
SEARCH THIS SITE.
OTHERS
ADMIN
vol.14 ゴーヤーとパラパラひき肉の炒め物   2010-07-29
沖縄の野菜、にっがーいゴーヤー。最近は、スーパー気軽に見られるようになりました.ビタミンCが豊富で、苦味成分に健胃効果があるそうです.今日は、ゴーヤーを使って、ちょっと手間のかかる中華を作ってみましょう

20100720183518.jpg

■材料■

ゴーヤー  1本
豚ひき肉  150g
干しエビ(乾燥) 25g  水で戻す
ザーサイ  50g
コーンスターチ  大さじ1/2


調味料
テンメンジャン 大さじ1
しょう油・酒  各大さじ1
砂糖  小さじ1
こしょう

ねぎ  1/2本   みじん切り

塩・酒・揚げ油・ごま油

■作り方■

1.ゴーヤーは縦半分に切って種とワタを除く、5ミリ幅に切る
  塩を1つまみふってよくもみ、約10分間おく
2.干しエビは水でもどす
  やわらかくなったらみじん切りにする
3.ザーサイもみじん切りにする
4.ゴーヤーの水気をふいて、コーンスターチをまぶし、180度の揚げ油で約50秒あげる
5.フライパンにサラダ油大さじ1をなじませ、豚ひき肉をいためて火を通す
  調味料を順に加え、汁けがなくなるまでいためる
6.水気をきった干しエビとザーサイを加えていため、3のゴーヤーを加えたら
  全体に混ぜ合わせ、ねぎをちらす
7.仕上げにごま油小さじ1をまわしかける


■感想■

義理の父より、手塩にかけた1本のゴーヤーが届きました。
形相は、ごつごつした突起物だらけの緑色のモンスター。
陳健一さんの美味しそうなレシピを見つけたので、作ってみました

塩でもんで、揚げる工程で、苦味がかなりやわらぎます
そして、干しエビ、ザーサイ、テンメンジャンの味付けで、絶妙!
ビール、ご飯がすすむおかずですよー



固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
vol.13夏バテ防止メニュー「だっし」   2010-06-30
今月は、「なすがママ、きゅうりがパパ@home.com」のキャラクター「なす」と「きゅうり」が主役の簡単メニューです
あついごはんに、冷やした「だっし」をかけて召し上がれ!


P6291269.JPG

■材料■
P6291264.JPG

なす  1本
きゅうり 1本
みょうが 1-2本
ねぎ   1/2本
あおじそ 2枚
しょうゆ
七味とうがらし

■作り方■

1.なす、きゅうりを、さいの目に切る なすは、水につけてしばらくあくぬきする
2.みょうがとねぎは<小口切り
3・青シソは千切り
4.ボウルに材料を入れ、しょうゆをヒタヒタに入れる
P6291265.JPG
5.冷蔵庫で冷やす
6.熱いごはんにのせて、七味とうがらしをふる

■余談■
「だっし」は山形県の寒河江市(さがえし)というあたりでよく食べるごはんらしいです
山形弁をしゃべる外国人で有名なダニエル・カールさんのとっておきメニューです
正確には「だっし」と「だっせ」の中間の発音らしいです
暇つぶしにやってみてください
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
vol.12 黒酢らっきょう   2010-06-04
夏が近づいてまいりましたね 暑くなると、カレーが食べたくなります カレーを食べるとらっきょうが食べたくなります
6月はらっきょうを漬ける季節ですよ~!


P6011240.JPG

■材料■
P6011236.JPG
らっきょう 1㌔
調味料
黒酢    500ml
氷砂糖   400g
塩     大さじ5

■作り方■
1.らっきょうをよく洗って、料端を切り取り、もう1度水洗いして、沸騰したお湯で1分ほどゆでる
P6011238.JPG
2.ふたのできる広口びんに水気をよくふきとったらっきょうと、よく溶かした調味料をつけこむ
P6011237.JPG
3.ときどき混ぜてつかり具合を均等にする
4.漬け込み後、2週間後ごろからおいしく食べられます

■余談■
このレシピは、スーパーのちらしのミツカンの純玄米黒酢のところに掲載されていたレシピです
らっきょうは、大の苦手だったのですが、好奇心で作ってみたら、あらあら不思議大好物になりました
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
vol.11 グレープフルーツとローズマリーのゼリー   2010-04-29
グレープフルーツは今が旬です。今は、スーパーの果物売り場の顔です
ビタミンCもたっぷり、頭がすっきります


グレープフルーツとローズマリーのゼリー (2).JPG

■材料■4人分

グレープフルーツ         1個   皮をむいて実を出しておく
グレープフルーツジュース     300cc
白ワイン             200cc
グラニュー糖           70g
ローズマリー           1枝
板ゼラチン(水でふやかしておく) 3枚(6g)

■作り方■
1.鍋にグレープフルーツとゼラチン以外の材料をすべて入れて(グレープフルーツジュースは入ります)  火にかけ、沸騰したらふたをして弱火で10分ほど煮る
2.1の火を止めて、ゼラチンを加えて混ぜ、溶けたらこしながら容器に流す
3.グレープフルーツの実をちらして 冷蔵庫へ
4.固まったらゼリーを粗くつぶして、ローズマリーとともに、お皿に盛る

■point!■
ローズマリーは、なくてもいいのですが、あれば是非使ってみてください
ローズマリーで、さらにグレープフルーツのすっきり感がアップします

■余談■
ゴールデンウィークは、バーベキューを予定されているかたもいらっしゃるのでは。
持ち運び用の、ボールなど、大きな容器でざっくり作ってみてください。食後のすっきりデザートにぴったりですよ!

固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
vol.10 鯛の塩がま焼き   2010-03-30
入学式、入園式、新入式、めでたいことがある4月
鯛料理で豪勢にお祝いしましょう!


鯛の塩釜焼き.jpg
■材料■
4-5人分

鯛 800g~1㌔   うろこと内臓はとっておく
卵白  2個分
レモン 1個             
にんにく 1かけら
あら塩   1キロ
香草    ローズマリー、タイム、パセリなど   半分は、魚のおなかに詰める、半分は塩に混ぜる

1.オーブンを250度に準備
2.レモンは、皮をみじん切り、半月型の実を数枚
3.にんにくは薄切り
4.塩に、香草とレモンの皮のみじん切りを加える
5.鯛のおなかに、香草の半量と、半月型に切ったレモン、にんにくを詰める
6.卵白を軽く泡立て、2の塩に入れてかき混ぜる
7.オーブンの天板にクッキングシートを敷き、その上に6の塩を少し敷く
8.鯛をのせる
9.上にも塩をかぶせ、手で形を作っていく
10.オーブンで30分焼く
11.身をとりわけ、オリーブオイルとレモンをかけて召し上がれ

■余談■
鯛の塩釜焼き2.jpg
驚くほど簡単でした
鯛は養殖もので、980円でしたしね

今回は、義母の喜寿のお祝いに作りました
焼きあがりでまず歓声があがり
塩で固まった、鯛を木づちでコンコンたたいて割るのもパフォーマンス
そこで、また歓声があがって楽しいですよ

ずっと1度作ってみたいと思っていた塩がま焼き、念願がかなって大満足です❤

固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する