CATEGORIES
ARCHIVES
SEARCH THIS SITE.
OTHERS
ADMIN
vol.11 グレープフルーツとローズマリーのゼリー   2010-04-29
グレープフルーツは今が旬です。今は、スーパーの果物売り場の顔です
ビタミンCもたっぷり、頭がすっきります


グレープフルーツとローズマリーのゼリー (2).JPG

■材料■4人分

グレープフルーツ         1個   皮をむいて実を出しておく
グレープフルーツジュース     300cc
白ワイン             200cc
グラニュー糖           70g
ローズマリー           1枝
板ゼラチン(水でふやかしておく) 3枚(6g)

■作り方■
1.鍋にグレープフルーツとゼラチン以外の材料をすべて入れて(グレープフルーツジュースは入ります)  火にかけ、沸騰したらふたをして弱火で10分ほど煮る
2.1の火を止めて、ゼラチンを加えて混ぜ、溶けたらこしながら容器に流す
3.グレープフルーツの実をちらして 冷蔵庫へ
4.固まったらゼリーを粗くつぶして、ローズマリーとともに、お皿に盛る

■point!■
ローズマリーは、なくてもいいのですが、あれば是非使ってみてください
ローズマリーで、さらにグレープフルーツのすっきり感がアップします

■余談■
ゴールデンウィークは、バーベキューを予定されているかたもいらっしゃるのでは。
持ち運び用の、ボールなど、大きな容器でざっくり作ってみてください。食後のすっきりデザートにぴったりですよ!

固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
vol.10 鯛の塩がま焼き   2010-03-30
入学式、入園式、新入式、めでたいことがある4月
鯛料理で豪勢にお祝いしましょう!


鯛の塩釜焼き.jpg
■材料■
4-5人分

鯛 800g~1㌔   うろこと内臓はとっておく
卵白  2個分
レモン 1個             
にんにく 1かけら
あら塩   1キロ
香草    ローズマリー、タイム、パセリなど   半分は、魚のおなかに詰める、半分は塩に混ぜる

1.オーブンを250度に準備
2.レモンは、皮をみじん切り、半月型の実を数枚
3.にんにくは薄切り
4.塩に、香草とレモンの皮のみじん切りを加える
5.鯛のおなかに、香草の半量と、半月型に切ったレモン、にんにくを詰める
6.卵白を軽く泡立て、2の塩に入れてかき混ぜる
7.オーブンの天板にクッキングシートを敷き、その上に6の塩を少し敷く
8.鯛をのせる
9.上にも塩をかぶせ、手で形を作っていく
10.オーブンで30分焼く
11.身をとりわけ、オリーブオイルとレモンをかけて召し上がれ

■余談■
鯛の塩釜焼き2.jpg
驚くほど簡単でした
鯛は養殖もので、980円でしたしね

今回は、義母の喜寿のお祝いに作りました
焼きあがりでまず歓声があがり
塩で固まった、鯛を木づちでコンコンたたいて割るのもパフォーマンス
そこで、また歓声があがって楽しいですよ

ずっと1度作ってみたいと思っていた塩がま焼き、念願がかなって大満足です❤

固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
vol.9にんじんと牛肉の韓国風   2010-03-01
今回は、にんじんをたーくさんいただけるレシピです
ごま油でよーくいためると、にんじんの甘みが驚くほど出てきます
おためしあれ!


レシピ2.jpg

■材 料■

レシピ1.jpg

2人分
にんじん   2本
牛肉こま   150g  
ごま油    大さじ1  
砂糖     小さじ2
しょうゆ   大さじ2
酒      大さじ2
みりん    大さじ2
にんにくすりおろし 小さじ1
コチュジャン    小さじ1
すりごま      大さじ1
白ネギのみじん   10センチ分

■作り方■
   
1.にんじんを縦に4等分し、うさぎの耳のように細長い乱切りにする
2.ごま油で、にんじんをじっくり炒める
3.牛肉を加えていためる
4.にんにく、砂糖、しょうゆ、酒を加えてよくいためる
5.コチュジャン、すりごまを入れ、よく混ぜる
6.最後にネギを入れて完成

■point!+余談■

にんじんがおいしいので、1人につき1本ぐらい用意してくださいね

今回は、私が大好きな料理研究家、えだもんこと枝元ほなみさんのレシピです
彼女のレシピは、いつも素材への愛情があふれていて、素材そのものの味が生かされています

固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
vol.8芽キャベツのオイル煮   2010-02-01
2月は、そろそろ花粉症に備えたいころ
ビタミンCはアレルギーの抑制に一役買うそうです
そこで、この時期スーパーに並んでます、ビタミンCたっぷり芽キャベツを使ったレシピご紹介


P2011038.JPG

■材料■
P2011037.JPG
芽キャベツ  1袋
アンチョヴィ 4切れ
にんにく   1かけ
オリーブオイル 50cc
水       50cc

■作り方■
1.芽キャベツは、へたの汚いところを少し切って、縦半分、にんにくは、薄切り、
  アンチョヴィはみじんにしてから、材料をすべて鍋に入れる

2.火にかけ、煮立ったら弱火にして、ふたをして10分ー15分ほど煮る

■余談■
このレシピは、私が愛用しているDHC化粧品の冊子に載っていたものです
先生は坂田阿希子先生です


固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
vol.7ホットワイン   2009-12-20
忘年会、クリスマスパーティー、師走は、家族や友人と一緒に食卓を囲むことが
多くなる季節。今年は、家飲みがおおはやりです
あったかいほろ酔いウェルカムドリンクで、まずはおもてなししてみませんか?


ホットワイン+ドライトマトとオイルサーディン.gif

■材 料■ 
4~8人
赤ワイン       1リットル
ポルト酒       400cc
砂糖         100~150g
レモン汁       大さじ2杯
シナモンスティック  1/2本
クローブ       小さじ1/2杯
ナツメグ       小さじ1/2杯


■作り方■
湯煎しながら、砂糖をとかし、最低20分くらい温める

■Point!■
ワインは、やすーいのでOK
砂糖、スパイスなどで味付けをしてしまうので、いいワインは使わないほうがいいですよ

■余 談■
ヨーロッパでは、12月になるとあちこちの広場で、クリスマスの市がたちます
そこに必ずあるのが、ホットワインの屋台
あったかーいワインをふーふーしながら、クリスマスの市を冷やかしながらそぞろ歩き
日本の初詣の甘酒のようなものですね















固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する