CATEGORIES
ARCHIVES
SEARCH THIS SITE.
OTHERS
ADMIN
vol.9にんじんと牛肉の韓国風   2010-03-01
今回は、にんじんをたーくさんいただけるレシピです
ごま油でよーくいためると、にんじんの甘みが驚くほど出てきます
おためしあれ!


レシピ2.jpg

■材 料■

レシピ1.jpg

2人分
にんじん   2本
牛肉こま   150g  
ごま油    大さじ1  
砂糖     小さじ2
しょうゆ   大さじ2
酒      大さじ2
みりん    大さじ2
にんにくすりおろし 小さじ1
コチュジャン    小さじ1
すりごま      大さじ1
白ネギのみじん   10センチ分

■作り方■
   
1.にんじんを縦に4等分し、うさぎの耳のように細長い乱切りにする
2.ごま油で、にんじんをじっくり炒める
3.牛肉を加えていためる
4.にんにく、砂糖、しょうゆ、酒を加えてよくいためる
5.コチュジャン、すりごまを入れ、よく混ぜる
6.最後にネギを入れて完成

■point!+余談■

にんじんがおいしいので、1人につき1本ぐらい用意してくださいね

今回は、私が大好きな料理研究家、えだもんこと枝元ほなみさんのレシピです
彼女のレシピは、いつも素材への愛情があふれていて、素材そのものの味が生かされています

固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
vol.8芽キャベツのオイル煮   2010-02-01
2月は、そろそろ花粉症に備えたいころ
ビタミンCはアレルギーの抑制に一役買うそうです
そこで、この時期スーパーに並んでます、ビタミンCたっぷり芽キャベツを使ったレシピご紹介


P2011038.JPG

■材料■
P2011037.JPG
芽キャベツ  1袋
アンチョヴィ 4切れ
にんにく   1かけ
オリーブオイル 50cc
水       50cc

■作り方■
1.芽キャベツは、へたの汚いところを少し切って、縦半分、にんにくは、薄切り、
  アンチョヴィはみじんにしてから、材料をすべて鍋に入れる

2.火にかけ、煮立ったら弱火にして、ふたをして10分ー15分ほど煮る

■余談■
このレシピは、私が愛用しているDHC化粧品の冊子に載っていたものです
先生は坂田阿希子先生です


固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
vol.7ホットワイン   2009-12-20
忘年会、クリスマスパーティー、師走は、家族や友人と一緒に食卓を囲むことが
多くなる季節。今年は、家飲みがおおはやりです
あったかいほろ酔いウェルカムドリンクで、まずはおもてなししてみませんか?


ホットワイン+ドライトマトとオイルサーディン.gif

■材 料■ 
4~8人
赤ワイン       1リットル
ポルト酒       400cc
砂糖         100~150g
レモン汁       大さじ2杯
シナモンスティック  1/2本
クローブ       小さじ1/2杯
ナツメグ       小さじ1/2杯


■作り方■
湯煎しながら、砂糖をとかし、最低20分くらい温める

■Point!■
ワインは、やすーいのでOK
砂糖、スパイスなどで味付けをしてしまうので、いいワインは使わないほうがいいですよ

■余 談■
ヨーロッパでは、12月になるとあちこちの広場で、クリスマスの市がたちます
そこに必ずあるのが、ホットワインの屋台
あったかーいワインをふーふーしながら、クリスマスの市を冷やかしながらそぞろ歩き
日本の初詣の甘酒のようなものですね















固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
vol.6簡単ポテトグラタン   2009-12-02
さむい冬はグラタンが食べたくなりますよね
でも、ホワイトソースは作るのめんどくさい、バターが多すぎて太りそう
そんな、あなたにお届けする、ヘルシー簡単グラタンです


PC010936.JPG

■材 料■
PC010933.JPG
じゃがいも 4-5個(550g)
スライスハム 80g
牛乳 3カップ
バター 大さじ11/2
塩 小さじ1
こしょう
パン粉    20g
おろしチーズ  50g
バター    大匙2

■作り方■
1.鍋に牛乳入れる
2.8ミリのいちょう切りにした、じゃがいもを1にどんどん投入
3.塩小さじ半分を入れ、火にかける
4.沸騰したら、中火にして、ときどきかきまぜながら、じゃがいもつぶしながら10分
  目安は、ソースにホワイトソースのようなとろみがつくまで
5.ハムを2センチ角に切って加え、バター、残りの塩とこしょうを入れて味を調える
6.グラタンさらにバター(分量外)をうすくぬり、ソースを入れる
  パン粉とおろしチーズを全体にふりかけ、バターを小さくちぎってところどころに散らす
7.200度のオーブンに入れ、15分

■Point■
じゃがいものでんぷんだけでとろみをつけるので、牛乳はじゃがいもに対し、ひたひたくらいがいいですよ(分量は目安にしてください)

■余談■
写真の全体像がないのは、半分食べてしまったからです(+_+)
今日は、ゆでたホウレンソウを細かく刻んで、加えてみました
牛乳でカルシウム、じゃがいもでビタミンC、ホウレンソウで鉄分
申し分のない栄養です
これに、ゆでたマカロニを加えれば、マカロニグラタンです

レシピは、朝日新聞11月25日おかず100選より
  




固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
vol.5簡単ホットジンジャー   2009-11-19
寒いですね~
こんなときには、体を温めてくれる食材「しょうが」が一番
簡単作り置きできる、イタリア風ホットジンジャー(しょうが湯)をお届けします

ホットジンジャー2.jpg
■材料■
ホットジンジャー.jpg
しょうが    100g
砂糖      100g(写真はきび砂糖)
水       100cc
レモン     半分~1個

お好みのスパイス・ハーブ
ローズマリー  3センチ
クローブ    5粒    

■作り方■
1.しょうがを皮つきのままスライス
2.鍋にレモンと、ハーブ以外の材料を入れて5分間中火で煮る
3.3分たったところで、ハーブを入れる
4.最後にレモンを絞りいれ、濾して完成
5.お湯割りにしたり、炭酸割りにしたりしてお召し上がりください

■ポイント■
スパイス・ハーブを入れることで、ちょっとイタリアンになるのと、より体を温める効果があります
今日のハーブは、ローズマリー、スパイスは、ナツメグを入れました
次回は、八角とシナモン入りを作ってみようと思います

■余談■
まったく自慢になりませんが、私のレシピにオリジナルはありません
今日のレシピは、「ほぼ日刊イトイ」でおなじみの「フランコさんのイタリア通信」からフランコさんのレシピで作ってみました
フランコさんはイタリアの有名なスポーツジャーナリスト、サッカーの話が多いのですが、ファッションなど生のイタリアが、確かな文章と写真で楽しめます

固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する