CATEGORIES
ARCHIVES
SEARCH THIS SITE.
OTHERS
ADMIN
vol.78 赤飯   2016-03-19
3月です。2月は更新できませんでした🙇
今月は、お赤飯ご紹介します。
やっと、ついに息子の大学進学が決まったので、炊いてみました。
どんなに面倒くさいかと思いましたが、炊飯器でも圧力鍋でも意外と簡単にできました。
ご卒業、ご入学、就職、おめでたいときには赤飯を炊いてみましょう!


IMGP0728.gif

■材 料■
IMGP0723.gif

もち米 500g
小豆  1/2カップ
塩   小さじ1

手作りゴマ塩
黒ゴマ+水+塩小さじ(6:2:1の割合)フライパンに材料入れ、さらさらになるまで炒る


■作り方■


1.もち米はとぎ、1晩水につけてからボールにあげておく
2.小豆は洗い、鍋に600㏄を入れ、中火で表面のしわがのびるまで焼く40分くらいゆでる
  point!しわがのびればいい、固さは気にしなくていい
IMGP0724.gif
IMGP0725.gif
3.ゆでた小豆をを煮汁と豆にわける
4.炊飯器(圧力鍋)にもち米、小豆のゆで汁と塩を入れて、コメの頭がぎりぎりかぶるくら   いに水を入れて調整する。よくかき混ぜる。小豆をのせて、おこわ設定でたく
IMGP0726.gif
5.炊き上がったらやさしくまぜあわせて、器に盛り、ゴマ塩を散らす
IMGP0727.gif
5.残ったら、1食ずつラップに分けて平らにして冷凍しましょう!
IMGP0730.gif


■余談■

先日、夫の実家で赤飯とともにお祝いしました。
当日のメニューは、こちらです。

赤飯
鯛の塩釜焼き→レシピ
たけのこの土佐煮
玉ねぎサラダ→レシピ

市販の卵焼きもあったのに持ってくの忘れました(-ω-)/



固定リンク | comments(1) | trackbacks(0) | この記事を編集する
vol.77 ぜんざい   2016-01-14
鏡開きには、ぜんざいといつも決めてます。
小豆は、水につけておかなくてもすぐに煮ることができるのと、ゆで時間が短いのがうれしいです。このレシピは、水分少な目、どちらかというと、ゆで小豆って感じです


IMGP0715.gif

■材 料■
あずき 200g
砂糖  200g
水   600㏄
塩   少々

■作り方■

1.あずきは洗って鍋に入れて、たっぷりの水で、2回ゆでこぼす
2.1の水を切り、水600㏄を加えて火にかけ、煮立ってきたら弱火にして、 
  ふたをして30分程度煮る
  煮汁から豆が出るようだったら、刺し水をする
3.指でつまんで、すぐつぶれるようになったら、砂糖を加える
  10分同じ火加減で煮る
4.塩を加えて、味を確認する

■余談■

夫の実家は2月くらいまでは毎朝雑煮という、餅好き家族です。
私は、最近気づいたのだけれど、体がお餅と相性がよくないみたいなので、
元旦くらいしか食べません。
今我が家には、年末にお米屋さんで頼んだお餅、夫の実家でついたお餅、鏡餅のお餅があります。夫には3月まで食べてもらいます。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
vol.76 鱈のカナッペ   2015-12-26
2016年最後のレシピは、鱈です。

IMGP0625.gif

■材料■

鱈 200g
じゃがいも 小1(薄切り)
にんにく  1個(薄切り)
アンチョヴィ 3枚

牛乳100㏄
水100㏄
オリーブオイル
塩・こしょう

バゲット

■作り方■

1.鱈の皮、骨を除く。塩をふって10分おく
2.鍋に鱈、じゃがいも、にんにく、牛乳、水を入れる。じゃがいもが柔らかくなるまで煮る
3.ざるに空けて、中身をフードプロセッサーに移す
4.アンチョヴィを加える、3の濾した牛乳で少しのばす
5.最後にオリーブオイル加える
6.バゲットを薄く切り、軽く焼いて、ペーストをのせて、黒コショウをふって完成

■余談■

NHKさらさらサラダご出演のイケメンイタリアン料理研究家、中辻健太先生のレシピです。

固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
vol.75 レンズ豆のサラダ   2015-11-30
寒くなってきましたね。
気にしないと、豆を摂取するのって怠りがちになりますよね。
豆って、水で1晩戻して、それから数時間煮てと、時間がかかるもの、
レンズ豆なら戻す必要もなし、15分煮れば柔らかくなります。
今回は、レンズ豆のサラダご紹介します。


IMGP0702.gif

■材料■

IMGP0696.gif

レンズ豆 100g
にんにく(つぶす) 1かけ
ローリエ(半分に折る) 1枚
塩  小さじ1/2

玉ねぎ(みじん切りして水にさらす) 1/4個
パセリみじん  大さじ2
ドライトマトのオイル漬け 3~4枚
赤ワインビネガー  大さじ 2と1/2
オリーブオイル  大さじ1

1.鍋に水700㏄、レンズマメ、にんいく、ローリエ、塩合わせて火にかける
  15分煮て5分おき、ざるに上げておく
IMGP0697.gif

IMGP0698.gif

2.ボールに、豆、みじん切りの玉ねぎ、パセリのみじん、ドライトマトの千切り
  赤ワインビネガー、オリーブオイルを混ぜ合わせて完成!

IMGP0699.gif

IMGP0700.gif



■余談■

このレシピは、朝日新聞11月4日 ボンマルシェ掲載のレシピです。   







固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
vol.74 マロンババロア   2015-10-25
IMGP0694.jpg

約100ccのカップ6個分

粉ゼラチン         5g
水             大さじ2

牛乳            200cc
卵黄(L)         2 個
砂糖            20 g
マロンクリーム(サバトン) 100g
ラム酒        小さじ2
生クリーム(乳脂肪40%以上)100cc

盛り付け用
  生クリーム
  栗の甘露煮
  ココアパウダー

1.粉ゼラチンに水大さじ2をふり入れ、スプーンで混ぜてふやかしておく
2.牛乳を500 wのレンジ強で2-2分30秒あたためる
  または鍋に入れて、沸騰寸前まであたためる
3.ボールに卵黄を入れ、泡だて器でほぐし、砂糖を加えて白っぽく、
  もったりするまで泡立てる
4.3の中に2の牛乳をすこしずつ混ぜながら加える
5.4の中身を鍋に移し、弱火にかけて木べらでなべ底からよくかきまぜながら
  加熱し、とろみがついたら火から下ろす
  Point! 加熱しすぎによる分離に注意
6.5が熱いうちに1のゼラチンを加え、溶かす
7.6をストレーナーで漉しながらボールに入れ、マロンクリームを加え
  泡だて器で均一になるまでよく混ぜ、ラム酒を加える



固定リンク | comments(1) | trackbacks(0) | この記事を編集する