CATEGORIES
ARCHIVES
SEARCH THIS SITE.
OTHERS
ADMIN
vol.61ワタリガニのパスタ   2014-09-19
9月になりました。秋からは魚介の季節ですよね、カニ、フグ、鮭、牡蠣、シーフード好きにはたまりません。今回は、ガザミとも呼ばれる、お手頃価格で手に入る庶民の蟹、「ワタリガニ」のパスタのご紹介をします。

ワタリガニのパスタ.gif

■材料■
2人分
パスタ    160g
わたりがに  1ぱい
にんにく   1かけ  薄切り
赤唐辛子   1本
白ワイン   100cc
トマト缶   1缶(400g)
オリーブオイル50cc
イタリアンパセリ    みじんぎり
塩・こしょう

■作り方■

1.わたりがにの処理をする
軍手とキッチンバサミ、ザルを準備。足を切り取る、あとで食べやすいように、大きな足は  縦半分に切るといい。
  甲羅からお腹を外して、ひげをとる。お腹は2等分か4等分にする。
  ザルの上で処理すると、余分な水分がたまらない
2.にんにく薄切り、イタリアンパセリみじん
3.鍋にオリーブオイル、にんにく、赤唐辛子を入れて熱し、香りをだす
4.わたりがにを入れて、色が変わるまで炒める、白ワインを加えて沸騰させたら
  ホールトマトを加えて弱火で15分から20分煮込む
5.この間にパスタをゆでる
6.かにの煮込みにイタリアンパセリを加え、パスタとあえて完成!


■余 談■
春はメス、秋はオスが出回る時期です。
今回のワタリガニは、実は1杯2000円ほどでした。
まだ走りなのでしょうか?お高いのですが、味は最高です。
外でこれほどのパスタを食べることを考えれば、1人1000円ですからまあお安いものです。
是非、足がきれいな青色をいしていて、まだギコギコ動いている生きのいいのをGetしてくださいね!










固定リンク | comments(1) | trackbacks(0) | この記事を編集する
vol.60 夏のピクルス   2014-08-06
8月になりました。夏休みのイベントも目白押し、子どものプールにつきあって、虫取りにつきあって、楽しいけれど、そろそろ夏の疲れが出てきた頃ではないでしょうか。そんなときには、夏の野菜をポリポリ食べましょう。今月は野菜マリネです。

IMGP0482.gif

■材料■
作りやすい分量
人参 小1本
セロリ 1本
きゅうり 1本
赤・黄ピーマン 各1個


ピクルス液
米酢  カップ1
水   カップ2
砂糖  80g
塩   大さじ1
赤トウガラシ  1~2本
ローリエ    1~2枚
粒コショウ   20個くらい

お好みのハーブ

■作り方■
 
1.鍋にピクルス液の材料をすべて煮たたせて、そのままさましておく
2.野菜を、1口大に切り分けておく
3.別の鍋に、お湯を沸かし、再び沸騰してから、にんじん5分、セロリ、ピーマン1分ゆでて
  水気をよく切る
4.冷めたピクルス液に3を投入、お好みのハーブを入れる

■余 談■
ピクルスのレシピって、なかなか自分好みのものに会えなかった、塩からかったり、すっぱすぎたり。
このレシピは、おねえ料理家マロンさんのレシピです。
先日NHKNの「きょうの料理」で人気レシピ1位で放送されてました。
2005年に放送されたものなのですが、なんと我が家にその当時のテキストがありまして、
作ってみたら、あらびっくり、私の舌にピタリとあいました。












固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
vol.59チョコチップのセミフレッド   2014-07-16
チョコレートチップのセミフレッド.jpg

7月になりました。あつい、あつい、こんな時に、たまには手作りアイスどうでしょう。卵たっぷり、滋養もあります。

■材料■
IMGP0471.gif

5~6人分
卵黄       2個分
卵白       2個分
粉砂糖      50g
生クリーム    200cc
甘口白ワイン   20cc
チョコチップ   20g

■必要な道具■
IMGP0472.gif

ボール 3つ
泡だて器
中鍋(湯せん用)

1.卵白と粉砂糖で、角が立つくらいのメレンゲ作る
2.卵黄と白ワイン、白っぽくなるまであわ立てる
3.生クリーム8分立てにする
4.3の生クリームに、2の卵黄の生地を入れて混ぜ、1のメレンゲを切るように混ぜ合わせる。最後にチョコチップ混ぜ合わせる
5.型に流しいれ、冷凍庫で冷やし固める

■余 談■
材料の写真撮って、必要な道具の写真撮って、気付いたら、出来上がるまで写真を撮るのを
忘れてました、自分が怖い(>_<)

写真は、コーヒーソースの上に、アイスクリームを載せて、その上からチョコレートシロップ
かけてます。









固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
vol.58 きのこのアヒージョ   2014-06-20
IMGP0455.gif

6月になりました。今年は、春から、夏日が続いて、初夏を感じる余裕がありませんでした。今回は、アヒージョなるものご紹介します。スペインのタパス料理のひとつで、食材をにんにくとオリーブオイルで煮たものです。

■材料■

きのこ    好きなもの数種類
にんにく   1~2かけ
赤トウガラシ 1かけ
オリーブオイル材料がひたひたになるくらい
塩      適量
パセリ     適量

1.きのこを適当な大きさに切る
2.にんにく、赤トウガラシを、オリーブオイルに入れて火にかける
3.にんにくが色づいたら、材料を入れる。塩も加える
IMGP0453.gif
4.ふつふつするぐらいの火で、15分ほど煮る
IMGP0454.gif


固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
vol.57 これぞ土佐仕込み!かつおのたたき   2014-05-17
5月に入りました。今年はカツオが不漁だと聞いていたので、残念に思ってましたが、やっとスーパーにも、大きなカツオが並ぶようになりました。5月はやはり、初ガツオ、ドコサヘキサエン酸とエイコサペンタエン酸をとって、元気になりましょう!
かつお6.gif

■材料■

カツオ 2さく/3人

にんにく   たっぷり
米酢     たっぷり
シソ     たっぷり 
1.今日は、タタキ用が1サクしかなかったので、刺身用を2さく買いました。
  その場合は、まずは、ベタ塩をして、トレイの上に、網を置いて、斜めにして常温で
  30分くらいおく。(目安は、塩がとけて、トレイに血がしたたるまで)
かつお1.gif
2.塩をざっと洗い、キッチンペーパーでふいて、高温に熱したフライパンで各面30秒焼く
3.トレイにとり、冷凍庫に20分入れて、冷却する。
4.もし、タタキようなら、3までの手順は必要なし、切り分けてから、表面にベタ塩して、
  水分が出てくるまで置いておく。(水で洗い流す必要もなし)
2.シソを千切りにしておく
かつお4.gif
3.にんにくを薄切りにしておく
かつお2.gif
4.カツオを冷凍庫より取り出し、1㎝ほどに切り分ける。にんにくを隙間のないくらい
のせる。
かつお5.gif
4.お酢をボールに入れて、手にお酢をつけ、指全体の外側で、にんにくの上から、カツオを軽くたたきながら、お酢をなじませる。カツオの表面が真っ白になるまでくりかえす
かつお3.gif
IMGP0351.gif
5.最後にシソをたっぷりかけてできあがり。2~3時間なじませた方がより美味しい。

■余談■

このレシピは、土佐出身の母方の祖母より、母へ、私へと受け継がれてるものです。
我が家の他で、外食も含めて、こういうタタキは食べたことないし、これ以上のたたきを食べたことはありません(たぶん、私の思い入れが強すぎるからかもしれませんが)
祖母は、自宅でわらでカツオを焼いてたそうですから、まあ、あの味には到達できませんけどね。

固定リンク | comments(1) | trackbacks(0) | この記事を編集する