デザイナー住宅を建てよう講座-6   2010-02-27

あれれ、もう2ヶ月たっちゃったね、何をしていたのか思い出せないくらい
日々デザイン浸けになってます、そうそう、昨日の晩ごはんが何だったか
思い出せないのと同じかも・・・、なんのこっちゃ?!

ってなことで、毎日が戦争のような日々を暮らすデザイナーよっさんです!

こんにちは!



●近況を少しだけ

・一宮市で木造3階建て住宅が着工になりましたよ
・三重県津市で木造2階建て住宅が上棟したんです、おめでとう~!
・ほか天白区でNG-house、三重県四日市市でTG-houseの設計が進んでいたり
・歯科医院併用住宅が岐阜で、カフェ付き住宅が長野でしょ、理美容院付き住宅が埼玉、
 ネイル&エステサロン付き住宅が三重県で、それぞれ計画が進行してま~す!!

 あと、ひょっとして天白区で崖(がけ)の上の家づくりができるかも
 まだはっきりしないけど、やってみたいな~!!

 ってな家づくり活動をさせて頂いてます!!・・・結構頑張ってるでしょ(笑)


 スタッフ大募集をしたり、オープンデスクで学生を受け入れたり
 毎日バタバタの連続ですが、やりたいことをやらせてもらっているので
 とても幸せですね!、頑張らなきゃ!、ねっ!!




デザイナー住宅を建てよう講座ー6:コーディネイトにはテーマを!』


先回は「色彩で気持ちは変わる!」ってテーマでお話をさせてもらったのですが
色彩にこだわるためにもしっかりとしたインテリアコーディネイトがされていないと
結局ばらばらな雰囲気になってしまうものですよね


さて、インテリアコーディネイト、家具や素材選び、そして色彩選びは実際
どうやって選ばれていくのでしょうか



コーディネイトにはテーマを!、これをしっかり考えて行きましょう!


一般的に自分たちでイメージづくりをするためには、写真とかを集めたり
するのが早道ですよね、そのイメージ写真に近づけようってするのが
わかりやすいはずです



12.jpg
これは一般的に北欧風って呼ばれるスタイルのものですが、形や色彩感に一種の
統一感のようなものがある様式ですね、そぎ落としたようなシンプルさはユニバーサル
デザインと呼ばれることもあったりして、全ての人が使いやすい形を求めて作られて
いたりします、その全ての人に、と考えて行った時に生まれる色彩はやさしい淡い
色合いのものが多くなっていますね



20.jpg
同じように色彩は淡くやさしいですが、北欧風よりも形に様式があって
一般的にフレンチポップとも呼ばれたりして、女性感の代表のように
言われていますね


もちろん、趣味にもよるわけですが、全ての人にやさしいデザインを
求めて行くとシンプルで、使いやすいってことになっていくのでしょう
よっさんも大好きです!


結局、インテリアコーディネイトを考え始める時には
家族みんなで大好きな写真集めをしてみてください!


大好きなコーディネイトを無駄なく、違和感なく包み込む
外観を持った家づくりがわかりやすいですね!



コツは、あまり多くの写真集を作らないこと!
10枚くらいのイメージ写真と、小物写真集を別につくることくらいが
ちょうど良いのかもしれませんね!




家づくりには空間の良さだけではなく、趣味の時間を過ごすに
ふさわしい空間というのも必要になる場合があるんです
たとえばインナーガレージや音楽室などなど


これはまた次回ということで!

ってことで、次回のお題は「設計には趣味を取り入れよう!!」です!、お楽しみに!!


PS :こんな建築デザイナーよっさんに、ちょっと話を聞いてみようか?!なんて
  心優しきオーナーは。コチラをご覧くださいませ。

●スーパーボギープランニング
http://www.bogey.co.jp/
●ボギーハウス
http://www.bogey-house.com/
固定リンク | comments(2) | trackbacks(0) | この記事を編集する