女医ママからの12のアドバイス~02~   2010-12-10 14:30:00
なすがママ、きゅうりがパパ@home.comをご覧の皆さま、
こんにちは!


猛暑の後は秋が短い・・・なんて言われていましたが、
木の葉は紅色や黄色に染まり、しっかり秋はくるもんだな~と感じながら過ごしています。 
朝晩は少し肌寒いですが、防寒対策をして時間帯を選べばお散歩に良い季節ですね。 
散歩と言えばわたくし、ポスチュア・ウォーキングなるものを習っておりました。 
歩くだけで太腿がキュッと細くなり姿勢も良くなるのです!。 
「歩く」と言うことは毎日毎日・老いるまでずっと続くわけですから
「歩き方が変わると、人生も変わる!」と言うのは講師の先生の美脚・美姿勢を見れば
一目瞭然でございました。




☆先月のおさらい☆

「簡単でスグに取り組める」と言う事をポイントに!
ココロ、カラダ、ママ、コドモ・・・視点のアドバイスを連載しております
「女医ママからの12のアドバイス」を綴っております。



「だんしゃり(断捨離)」と言う言葉が2010年流行語大賞・いち候補となりましたが、
第一回目は「まず、捨てる!」と言うことで、脱・甘味(砂糖)のお話をさせて頂きました。

皆さまのなかで(この一ヶ月間のうちに)試された方はいらっしゃるでしょうか。
これは(きっちりでなくてもいいので)1~3ヶ月以上は意識して続けていただくと、
浮腫みがとれてさらには体重が3~5キロ落ちていきます。

砂糖と言うのは「水、湿気を溜めこむ」作用がありまして、カラダに水が溜まれば浮腫みとなりますし、肺に湿気が溜まれば咳と言う形で表れるのです(パンを焼くときに砂糖を加えるとしっとりしますよね)。



「捨てる、手放す」と言うことはとても効果があります。
例えば先日私は部屋の大掃除をいたしましてゴミ袋を10袋超えの物を処分いたしました。
何となくとって置いたもの、書類、いつか着るかな~と思っていた洋服、
等々キレイサッパリと手放すと・・・カラダもココロも軽くなりますし、
新しい御縁や情報がいつもよりすすっと入り易くなります。

「アタマの中と、部屋の様子(机の上)は一緒」・・・なんてことが言われたりしますが、
ゴチャゴチャした部屋の時はアタマの中もココロももやもやとしているのではないでしょうか!。




☆女医ママからの12のアドバイス~02~冬美人のヒミツ~☆


さて、二回目の記事は「冬美人のヒミツ」でございます。
先回と同様、ヒミツと言っても特別なことではございません!

私がこのシリーズを通して伝えたいことの二つ目は
「自分を知る」と言うことです。
皆さまは「自分のこと」をどれくらい知っているでしょうか?!




・平熱(基礎体温)は?
・お通じは毎日ありますか (何日に一度あるか)

・体重に占める、脂肪の割合ってどれくらい (体脂肪率)
・一日に何キロカロリーくらい食べていますか?
・甘いものってどれくらいの頻度で、どれくらい食べてますか?

・冷え性ですか、暑がりですか
・暑い地方に住んでいますか、 寒い地域に住んでいますか


数年前、巷ではバナナ・ダイエットが流行りましたが、
南国のフルーツであるバナナはカラダを冷やす上に、カリウムを多く含みます。
これを「基礎体温が低く・冷え性な、腎臓の働きが落ちている方」が
毎日毎日食べ続けると言うのは・・・・・・いかがなものでしょうか。

「生野菜はカラダに良い!」と言うのは酵素の関連で大切なことですが、
体質的にとても陰性の方がそれを続けてしまうとかえってカラダを冷やしてしまう
ことになるのです。
こう言った場合は「温野菜にして食べる」と言う方がベターな場合もあります。

巷にあふれる「健康法」、「ダイエット法」を盲信的に取り入れる前に
先ずは「自分はどう言う体質なのか」「どうして、それを欲してしまうのか(特にお酒や甘味)」と言う「ココロとカラダの在り方」をキチンと知っておくことが大切です!。





~冬美人な食物~

さて、冬は(次に来る春に向けて)エネルギーを蓄える季節でもありますが、先回の記事で御紹介したように「老廃物を出しにくい」季節でもあります。 したがって過度に食べ過ぎてしまうとカラダの中に「いらないものを沢山ため込む」ことになるんですね。 

冬に活発に働く臓器として「腎臓(じんぞう)」がありますが、腎臓の働きが弱ったサインとして「浮腫み(むくみ)」として出るのが一般的に分かりやすいサインだと思います。その他にも「目の下のクマ(黒ずみ)、抜け毛」そして「めまいや耳鳴り」さらには「不安感が強くなる」など意外なサインもあるのでご自身を観察してみて下さい。

冬に摂りたい食べ物としては・・・
しょうゆや味噌、海藻類、アサリや牡蠣、などです。根菜(大根、ごぼう、蓮根など)でカラダを温めて、体を冷やす物(=お酒や甘味)を控えることで腎臓を守ることができます。
また、動物性食品(肉、卵、乳製品)を普段から摂りすぎている方は、先ずはそちらを控えてみて下さい!。





☆今月のつぶやき☆

さて、早いものでいよいよ師走となりました!。
来る新年に向けてこの2010年を振り返る季節になっているのではないででしょうか。 
私自身は約1年間かけて心身そして物の「断捨離」を進めてきたのと同時に、
「自分を知る」と言うことを物凄く真剣に取り組んできたのです。

熱田神宮.jpg

先日、熱田神宮を参拝して一年の御礼をしてきました♪



「自分を知る」ために有効な手段は・・・意外にも「他人」つまり「人に意見を聞く」と言うことに気がつきました!
私達は「自分のことは、自分が一番良く知っている」「子供の事は親が一番理解している」と言う「思い込み」の世界に住んでいるようです。 

先日、幼稚園PTA講演会で、ある小児科のママ女医さんの御言葉がとても印象的でした。
子育てとは「トマトやキュウリを、メロンに育てようとしている」ことが多いそうです・・・ちょっとドッキっとしませんか?!。
自分の能力や強み、人格など「自分の棚卸」がしっかりできていると言うことは、
人生が生きやすくなるのです。

住吉大社2.jpg

秋に参拝した大阪府の住吉大社のお手水所です。
お手水所では「ケガレを祓う」と言いますが・・・
ケガレとは「邪気(じゃき)」と言う意味もあると思いますが、
自分の「気の枯れ(気枯れ、ケガレ)」を祓う(払拭する)と言う意味も
あるそうですよ。





さて、次回は
「自分の棚卸をしよう!、~振り返りと、そのメリット~」などについて
(私の経験を交えて)お伝えしたいと思います。

記事で書ききれない内容がまだまだ沢山ありますので、
機会がありましたらお茶会でもしたいな~なんて、思っている
今日この頃です☆。




それでは皆さま、良いお年をお迎え下さい☆☆☆




固定リンク | comments(2) | trackbacks(0) | この記事を編集する
<<女医ママからの12のアドバイス~03~ | 女医ママからの12のアドバイス~01~   >>