女医ママからの12のアドバイス~06~   2011-04-04 14:04:22
なすがママ、きゅうりがパパ@home.comをご覧の皆さま、
こんにちは。

春はどんな時にでもやってきますね!
さくらの花がキレイに咲いています。


さて、三月は本当に色々な出来事がありました。
大変なことの後には、
良いことがきっとあります。
昨日は久々に地下鉄に乗りましたが、
お年寄りや子供連れの方に席を譲る若者の姿が
とても目立ちました。


ピンチをチャンス、に出来るのは
自分のココロ次第です。

日本がひとつになる、
人の繋がりを大切にする、
自分の命も・他人の命も大事にする。
「今からでもできること」って沢山あるはずです!



☆先月のおさらい☆

「簡単でスグに取り組める」と言う事をポイントに!
ココロ、カラダ、ママ、コドモ・・・視点のアドバイスを徒然に連載しております、
「女医ママからの12のアドバイ」。

もう、折り返し地点の6回目を迎えました!

前回(5回目)のキーワードは・・・「ココロとカラダはつながっている」
でしたね。
「カラダに出ている症状は、今のココロの在り方を映す鏡でもある」
と言うようなお話を、させて頂きました。




女医ママからの12のアドバイス~カラダの声を聞いてみよう~

さて、6回目の記事は
(先月の告知内容と変更しておりますが)
「直観医療~カラダの声を聴いてみよう~その1~」
について。


さて、
カラダの声を聞く」と言うことは
皆さまにも何かしらの経験があると思います。


・お酒を飲むと、ラーメンが食べたくなる
・アタマを使った後に甘いものが食べたい
・妊娠すると○○が無性に食べたくなる
・風邪を引くと、ご飯が食べたくない


これらは、とっても理にかなった行動でもあります。

・甘味であるアルコールはカラダからミネラルを奪うので、
 ミネラル(塩分、骨ダシ)を多く含むラーメンが食べたくなるのです。

・アタマを使う作業=ストレスがかかると、糖分を補うと同時に
「ココロをゆるめる作用のある」甘味を欲するのです。

・風邪の時は(適切な水分・ミネラルは摂る必要がありますが)
 「栄養をつけよ!」とばかりに無理に食事を摂るのは良くありません。
 消化にはエネルギーを使い(体力を奪います)し
 糖分は細菌にとっても栄養となってしまうからです。
 玄米上澄みを使ったスープ、味噌汁の上澄みなど、
 消化に負担を書けないものがおすすめです。


このように、
カラダと言うのは私達に「サイン」を送っているのです。

例えば、わたしの場合は
1~3月にかけて、無性に「ネギトニンジン、味噌」が食べたくなり、
毎日バリバリと食べていたのです。

ネギとニンジンと言うのは、
(先の連載記事にも書きましたが)
抗インフルエンザ・抗アレルギー・デトックス作用があり、
発酵食品である味噌は免疫力をアップする作用があります。


おかげさまで、
かぜひとつひかず、元気に過ごすことができ!、
花粉症の季節にも特に苦労なく過ごしています。

------------------------------------------------------

さて、
今回は、
もう少し踏み込んでお話してみたいと思います。

外来でのお話をしてみますね。


血圧がやや高い方が二人ほど見えました。
同じように「血圧に関すること」なんですが
年齢は同じくらい、女性なのですが、
二人とも理由が違うのです。


ひとりの方は、
どうやら人間関係での
ストレスが溜まっているらしいのです。
(人間ですもの、ね)


もうひと方は、
義歯が接触していた部分の舌に大きな潰瘍ができてしまい、
どうやらそれが痛む様子。


大きな括りでは「ストレス」です。
イライラしても血圧はあがりますし、
イタいと身が縮こまって血圧があがる要因となります。


お二人とも、
降圧剤の即適応では全くなかったので、
現疾患の対症治療に加え
「精油(:メディカル・アロマ)を使った」指示を
出すことになりました。



クンクンとひと嗅ぎする場合の半減期(:カラダに作用している時間の目安)は
(肝代謝と違って)とても短いので、お年寄りにも使いやすい方法です。


わたしの特殊能力でもあります・直観が精油を選んできます。
「効能ありき」では選んでおりませんが
「今のその方に最も必要なもの」を選んできます、
スッと見事に効いてきます。


使用方法や使用量も「十人十色」
・原液を塗る場合 ・希釈して塗る場合
・芳香浴、      ・嗅ぐ場合
・瓶をただ部屋に置いておくだけの場合
・瓶で患部を撫でる場合

等々さまざま。
(:私が使っているものは特別な精油で、原液塗布や内服が可能なものですが、
  年齢を鑑みて、内服以外で対応しています)


--------------------------------------------

(その1)
1月から精油を使っていたAさんの場合。

直接塗布をしたので事前にパッチテストをし、
使用中には毎回バイタルチェックをしながら使っています。

ペパーミントベースのブレンド精油は卒業され、
次なる指示は・・・マッサージ(ブレンド)オイルでございました
(週一で一ヶ月間)。
Aさんの「イタミの元」自体はもう消失していまして、
今残っているのは
「痛みをかばっていた部分の、代償的な筋肉のコリ」だけ
なのが診察で分かりました。
ちょうど、「リハビリの先生にマッサージをしてもらおうか、」と
スタッフと話していたところでした。

ちなみに、Aさんは
よその病院では「鎮痛剤」を多量に処方されていたのです・・・。



(その2、その3)
上記に記した、高血圧のお二人。

Bさんは・・・「今は、必要なし!」と言うことで、使っておりません。
Cさんには・・・「とある製油」の香りを嗅ぐことを、毎日・二週間
とのことであり、精油が届き次第始める予定です。




我が家でも、
自分の症状や娘の症状を精油で治していますが、
「効能ありき」で選ぶのではなく
「今の私にとって、もっとも必要なもの=オンリーワン」を
軸に選ぶのでとても良く効きます。

高齢者の多い介護施設での「代替え医療」として、
少しずつ導入を始めています☆



☆今月のつぶやき☆

さて、いつも綴っていますように趣味は「神社参拝」と言う私ですが、
今月も早速足を運んでみました。
最近流行りの「~めぐり」と言うことはあまりせず、
顔なじみの同じ神社へ何度も足を運ぶ、と言うことがほとんどです。

熱田神宮です、
いつもながら境内で宮きしめんを食べ、
名古屋コーチンを観察し、笑、
広い境内を往復してきました。
あめぶろ5.jpg

春はどんな時でもやってきますね!
キレイにさくらが咲いていました。

あめぶろ9.jpg

そして、
無事に卒園式を終えた娘も、
ぴかぴかの新学期を目前に控えております。
しばらくは、「働くオカンの私」にとってもバタバタとした時間が
流れる事と思います。


さて、次回は
「ほめずに、育てる」子育てコーチング、~その1~」
「春美人の過ごし方~食物編その1~」について、
お伝えしたいと思います。

それでは、次回もお楽しみに♪




固定リンク | comments(2) | trackbacks(0) | この記事を編集する
<<女医ママからの12のアドバイス~07~ | 女医ママからの12のアドバイス~5~ >>