女医ママからの12のアドバイス~07~   2011-05-06 23:30:34
なすがママ、きゅうりがパパ@home.comをご覧の皆さま、
こんにちは。
半袖でも過ごせるような陽気になってきましたね、
木々の緑がまぶしいです!。


さて、
四月もあっと言うまに過ぎてしまいました。
新入学・進級、社会人生活、転勤など
「新しい生活」をスタートさせた方も
いらっしゃるのではないでしょうか。


三月の有事を境に、
「日本がひとつになる、
人の繋がりを大切にする、
自分の命も・他人の命も大事にする」

「日常にこそある、幸せ」って本当に沢山ありますね!




☆先月のおさらい☆


「簡単でスグに取り組める」と言う事をポイントに!
ココロ、カラダ、ママ、コドモ・・・視点のアドバイスを徒然に連載しております、
「女医ママからの12のアドバイ」。
既に7回目を迎えました。

前回(6回目)のキーワードは・・・
「直観医療~カラダの声を聴いてみよう~」
でしたね。

さて、皆さま、
あれからひと月経ほどちましたが
ココロ(の奥)の声、カラダの声、
しっかり聴いて下さっていますか!




☆女医ママからの12のアドバイス~「春美人の過ごし方~食物編~」☆


さて、7回目の記事は
(少し予定を変更しまして)
「春美人の過ごし方~食物編~」について
書いてみようと思います。



春に活発に働く臓器としては「肝臓」があります。
肝臓は老廃物の解毒、排せつと言う大切な
働きをしています。


冬の間に溜めこんでしまった老廃物を
春になると頑張って排泄しようとしますが、
(便秘などのために、排泄が追いつかないでいると)
皮膚に排せつをして「吹き出物」の原因になることがあります。
(私も、春は吹き出物が多いですね!)


肝臓の活動が盛んになる春ですが、
肝臓が弱ってくると現れる症状としては・・・

・目(目が疲れる、乾く)
・手足がつる、関節炎などのほか、
・肩がこる、
・こめかみなどの静脈が、青く浮き出る


また感情面としては「怒り」として現れますので、
ちょっとしたことで怒ってしまう、
イライラする、と言うこと、
また眉間にシワがよる、などのサインとして
現れることがあるようです。



■春美人のレシピ■


肝臓が弱ってきた時に摂っていただきたい
食品としては・・・

・酸味:梅干し、レモン、ゆず、みかん、酢など
・苦味:春の山菜、たけのこ、など
・塩辛い味: 海藻類、貝類、など



現代食(=高タンパク、高脂肪食)で体内に
ドンドンたまってしまう物質を分解してくれるのが
酸味食材です。
また、苦味のある山菜は排便を促し、
老廃物の排せつを促してくれます。


そして、
外に出て身体を動かすことで、
(冬の間にこもってしまった)気を発散しすることも
「春美人」の秘訣でもあるようです。

参考文献:美人のレシピ(1・2)





実は我が家では、
「医者の家庭で」ありながら、
いわゆる「クスリ」と言うものはほとんど使用して
おりません。

自分の症状や家族の症状をメディカル精油で治していますが、
「効能ありき」で選ぶのではなく
「今の自分にとって、もっとも必要なもの=オンリー・ユー」を
軸に選ぶのでとても良く効きます。


高齢者の多い介護施設での「代替え医療」として、
食箋(食物による治療)、メディカル精油、
そしてこの春からは、
フラワーエッセンス、波動水の
導入を始めています。

とても効果がありますので、
これからの治療の新しい「選択肢」として
私も注目しています☆




☆今月のつぶやき☆

黄金週間、
皆さまいかがお過ごしでしたでしょうか?

我が家は前半に兵庫のパパの実家へ、
後半は義母を連れて、ホテル・ステイを楽しみました。

かおもも7.jpg

かおもも8.jpg
九州新幹線開通記念の駅弁、
とっても美味でした☆

かおもも9.jpg
名駅前の百貨店で買ったシャンプー&コンディショナーが
最近のお気に入りです☆


趣味が神社参拝のわたくし・・・
兵庫でも地元の神社に行ってきました。
神社の周りは、
今でも昔ながらの森が保たれていることが多いので、
新緑が眩しいこの季節、
公園や森林でのんびりするのも気持ち良いものですね!


さて、娘の小学校生活もスタートし、
ようやくひと月を迎えることになりました。
ちょうどほっとして、疲れもでる季節であります、
普段からマメのご自愛をして、
イキイキと過ごしましょうね☆


さて、次回は

「誉めない子育て、~その1~」を
お伝えしたいと思います(:変更もあり)。


それでは、次回もお楽しみに♪



固定リンク | comments(2) | trackbacks(0) | この記事を編集する
<<女医ママからの12のアドバイス~08~ | 女医ママからの12のアドバイス~06~ >>