女医ママからの12のアドバイス~02~   2010-12-10 14:30:00
なすがママ、きゅうりがパパ@home.comをご覧の皆さま、
こんにちは!


猛暑の後は秋が短い・・・なんて言われていましたが、
木の葉は紅色や黄色に染まり、しっかり秋はくるもんだな~と感じながら過ごしています。 
朝晩は少し肌寒いですが、防寒対策をして時間帯を選べばお散歩に良い季節ですね。 
散歩と言えばわたくし、ポスチュア・ウォーキングなるものを習っておりました。 
歩くだけで太腿がキュッと細くなり姿勢も良くなるのです!。 
「歩く」と言うことは毎日毎日・老いるまでずっと続くわけですから
「歩き方が変わると、人生も変わる!」と言うのは講師の先生の美脚・美姿勢を見れば
一目瞭然でございました。




☆先月のおさらい☆

「簡単でスグに取り組める」と言う事をポイントに!
ココロ、カラダ、ママ、コドモ・・・視点のアドバイスを連載しております
「女医ママからの12のアドバイス」を綴っております。



「だんしゃり(断捨離)」と言う言葉が2010年流行語大賞・いち候補となりましたが、
第一回目は「まず、捨てる!」と言うことで、脱・甘味(砂糖)のお話をさせて頂きました。

皆さまのなかで(この一ヶ月間のうちに)試された方はいらっしゃるでしょうか。
これは(きっちりでなくてもいいので)1~3ヶ月以上は意識して続けていただくと、
浮腫みがとれてさらには体重が3~5キロ落ちていきます。

砂糖と言うのは「水、湿気を溜めこむ」作用がありまして、カラダに水が溜まれば浮腫みとなりますし、肺に湿気が溜まれば咳と言う形で表れるのです(パンを焼くときに砂糖を加えるとしっとりしますよね)。



「捨てる、手放す」と言うことはとても効果があります。
例えば先日私は部屋の大掃除をいたしましてゴミ袋を10袋超えの物を処分いたしました。
何となくとって置いたもの、書類、いつか着るかな~と思っていた洋服、
等々キレイサッパリと手放すと・・・カラダもココロも軽くなりますし、
新しい御縁や情報がいつもよりすすっと入り易くなります。

「アタマの中と、部屋の様子(机の上)は一緒」・・・なんてことが言われたりしますが、
ゴチャゴチャした部屋の時はアタマの中もココロももやもやとしているのではないでしょうか!。




☆女医ママからの12のアドバイス~02~冬美人のヒミツ~☆


さて、二回目の記事は「冬美人のヒミツ」でございます。
先回と同様、ヒミツと言っても特別なことではございません!

私がこのシリーズを通して伝えたいことの二つ目は
「自分を知る」と言うことです。
皆さまは「自分のこと」をどれくらい知っているでしょうか?!




・平熱(基礎体温)は?
・お通じは毎日ありますか (何日に一度あるか)

・体重に占める、脂肪の割合ってどれくらい (体脂肪率)
・一日に何キロカロリーくらい食べていますか?
・甘いものってどれくらいの頻度で、どれくらい食べてますか?

・冷え性ですか、暑がりですか
・暑い地方に住んでいますか、 寒い地域に住んでいますか


数年前、巷ではバナナ・ダイエットが流行りましたが、
南国のフルーツであるバナナはカラダを冷やす上に、カリウムを多く含みます。
これを「基礎体温が低く・冷え性な、腎臓の働きが落ちている方」が
毎日毎日食べ続けると言うのは・・・・・・いかがなものでしょうか。

「生野菜はカラダに良い!」と言うのは酵素の関連で大切なことですが、
体質的にとても陰性の方がそれを続けてしまうとかえってカラダを冷やしてしまう
ことになるのです。
こう言った場合は「温野菜にして食べる」と言う方がベターな場合もあります。

巷にあふれる「健康法」、「ダイエット法」を盲信的に取り入れる前に
先ずは「自分はどう言う体質なのか」「どうして、それを欲してしまうのか(特にお酒や甘味)」と言う「ココロとカラダの在り方」をキチンと知っておくことが大切です!。





~冬美人な食物~

さて、冬は(次に来る春に向けて)エネルギーを蓄える季節でもありますが、先回の記事で御紹介したように「老廃物を出しにくい」季節でもあります。 したがって過度に食べ過ぎてしまうとカラダの中に「いらないものを沢山ため込む」ことになるんですね。 

冬に活発に働く臓器として「腎臓(じんぞう)」がありますが、腎臓の働きが弱ったサインとして「浮腫み(むくみ)」として出るのが一般的に分かりやすいサインだと思います。その他にも「目の下のクマ(黒ずみ)、抜け毛」そして「めまいや耳鳴り」さらには「不安感が強くなる」など意外なサインもあるのでご自身を観察してみて下さい。

冬に摂りたい食べ物としては・・・
しょうゆや味噌、海藻類、アサリや牡蠣、などです。根菜(大根、ごぼう、蓮根など)でカラダを温めて、体を冷やす物(=お酒や甘味)を控えることで腎臓を守ることができます。
また、動物性食品(肉、卵、乳製品)を普段から摂りすぎている方は、先ずはそちらを控えてみて下さい!。





☆今月のつぶやき☆

さて、早いものでいよいよ師走となりました!。
来る新年に向けてこの2010年を振り返る季節になっているのではないででしょうか。 
私自身は約1年間かけて心身そして物の「断捨離」を進めてきたのと同時に、
「自分を知る」と言うことを物凄く真剣に取り組んできたのです。

熱田神宮.jpg

先日、熱田神宮を参拝して一年の御礼をしてきました♪



「自分を知る」ために有効な手段は・・・意外にも「他人」つまり「人に意見を聞く」と言うことに気がつきました!
私達は「自分のことは、自分が一番良く知っている」「子供の事は親が一番理解している」と言う「思い込み」の世界に住んでいるようです。 

先日、幼稚園PTA講演会で、ある小児科のママ女医さんの御言葉がとても印象的でした。
子育てとは「トマトやキュウリを、メロンに育てようとしている」ことが多いそうです・・・ちょっとドッキっとしませんか?!。
自分の能力や強み、人格など「自分の棚卸」がしっかりできていると言うことは、
人生が生きやすくなるのです。

住吉大社2.jpg

秋に参拝した大阪府の住吉大社のお手水所です。
お手水所では「ケガレを祓う」と言いますが・・・
ケガレとは「邪気(じゃき)」と言う意味もあると思いますが、
自分の「気の枯れ(気枯れ、ケガレ)」を祓う(払拭する)と言う意味も
あるそうですよ。





さて、次回は
「自分の棚卸をしよう!、~振り返りと、そのメリット~」などについて
(私の経験を交えて)お伝えしたいと思います。

記事で書ききれない内容がまだまだ沢山ありますので、
機会がありましたらお茶会でもしたいな~なんて、思っている
今日この頃です☆。




それでは皆さま、良いお年をお迎え下さい☆☆☆




固定リンク | comments(2) | trackbacks(0) | この記事を編集する
女医ママからの12のアドバイス~01~     2010-11-08 09:48:08
なすがママ、きゅうりがパパ@home.comをご覧の皆さま、初めまして!。

前シリーズを担当された建築デザイナーよっさん様から引き継いで、
このたび一年間ブログ記事を担当させて頂きます、女医ママの村瀬と申します。 
肩肘を張らない・ママ目線の記事を目指して頑張ります☆。


サイト管理人でもいらっしゃる内田美登先生からこのお話を頂いた時は
「はい、喜んでやらせて頂きます!!」と即答でございました。 
文字を書くのが好きと言うこともありますが・・・何より私は「リアル・なすママ」読者であり・内田先生のお料理教室にも通っている「リアル・生徒」でもあるからです。 



私が内田先生のお料理教室を知ったきっかけは、東郷町・らくだ書店の片隅に置いてあった、一枚の紙(広告)でした。それを家に持って帰って、わくわくしながら申し込みをしたことを今でも覚えています。(先日も可愛らしい広告紙がありました。東郷町・らくだ書店のお近くの方は、ぜひご覧になって見て下さい!)


ママも「大切な自分の時間」を持つことによって笑顔になれるはず。
そして、ママの笑顔はパパと子供の笑顔につながります!



「簡単でスグに取り組める」と言う点をポイントに!
ココロ、カラダ、ママ、コドモ・・・と色々な視点のアドバイスを、私の経験を交えて書かせて頂きますね。巷では「褒める子育て」と言うものが言われておりますが、もう一歩踏み込んだ子育てに関するような記事も書いていきたいです。 
そして記事(短い文章で)でお伝えしきれないことは、お茶会を開いて・・・なんてことも夢見ております☆  







☆女医ママからの12のアドバイス~01~秋美人のヒミツ~

さて、初回の記事は「毎日を快適に過ごすコツ~秋美人のヒミツ~」です。
秘密と言っても特別なことではありません。医師からのアドバイスと言っても堅苦しいことは抜き!ご家庭で簡単・スグにできることを中心に書いていきますね。


皆さま「断捨離(だんしゃり)」と言う言葉をお聞きになったことがありますでしょうか。インターネットが普及してからは情報が数多とあふれておりますが、全12回の記事のなかで私が伝えたいことは大きく3つあります。



そのひとつが「まず、捨てる!」

過度な情報を断つ、カラダからの排泄を促す・・・と言うような意味合いですが、これだけでココロとカラダが健やかになることをぜひ体感して頂きたいと思います。


ふたつめは「自分を知る」。
みっつめは「ココロとカラダは繋がっている」。
健康・ダイエット・子育てに関しては数多の情報があふれていますが、
情報だけを盲信して「自分に合っていないことを取り入れていらっしゃる」方が
多いように感じます。詳しくは次章以降で!




秋は急激に気温が下がったり空気が乾燥することで咳が出たり・風邪をひいたり・胃腸の調子を崩したり・・・と言う方がいっらしゃると思います。 空気が乾燥することによって鼻や喉の粘膜の潤いがなくなり、細菌等がカラダに入り易くなっている状態ですね。 


秋に活発に活動する臓器として「肺と大腸」があげられます。 

この二つの臓器に共通する働きとして「カラダの中のいらないもの(老廃物)を外に出す」と言うことがあげられますが、老廃物を出す腺(汗腺・皮脂腺)の活動が低下してしまうこの季節は肺や大腸には「余計に負担がかかる季節」となるわけです。 
「肺が弱っている!」と言うのは「小鼻のわきが黒くなったり、赤くなったり」と言う症状で表れますので、皆さまも一度鏡を見てチェックしてみて下さいね。


健康と言うと「~を積極的に摂りいれる!」と言うイメージが強いわけですが、
実は「~を積極的に摂らない!」と言うことでずいぶんと症状が良くなるものです。 

「では、何を断つのか?!」(摂らないのか)と言いますと・・・
ずばり砂糖(を含む甘いもの、アルコール)です!

えっ、咳と甘い物の関係ってどう言うこと?・・・ 詳しくは次回に!
肺や腸の活動を助けてくれる食物は、レンコンや大根などの根菜、キノコなどです。 



秋と言う季節に関わらず
「冷え性、浮腫み、咳が多い、便秘、抜け毛、髪や皮膚の乾燥で困っている」と言う方は
「砂糖(甘味、甘い飲み物)・アルコール」を「積極的に」控えてみて下さい。 
(なぜアルコールもかと言いますと、アルコールは甘味成分が多いからです)。
これだけで、とても体調が良くなりますし、お子さまにも落ち着きが出てきます。

もちろんママにとっては、スイーツを食べながらお友達と息抜きをすることも大事なことですよね☆なんでも我慢・無理はいけませんので、「ここぞ!」と思った時に試してみて下さい。






☆自己紹介~その1~☆

初回と言うことで簡単に自己紹介をさせて頂きます。
生まれも育ちも旧愛知郡の地。アラフォー世代。年長さんの娘がいます。
嵐が大好き!なママの影響で車のなかのBGMは常に嵐と言う環境で娘は育っております。

娘は幼稚園で女子サッカーを習っています。
7日は愛知県地区予選がありまして、有難いことに地区代表として次の東海大会に駒を進めることになりました。 スポーツと言うのは心身の成長にとても良い影響があるんだな~とあらためて・しみじみと感じた一日でした。

大学附属病院にて内科医師として勤めておりましたが、出産を機に退職。
現在は娘の通園時間を利用して、兼業ママとして医療介護の仕事に携わっております。
育児休暇中にコーチング講師・ドリームマップ(夢の地図)講師の資格を取得。
また「マクロビオティックと陰陽五行」と言う考え方を取り入れた食事指導法を学び、
「食べ物で病を防ぐ、治す」と言うことを(私の経験を交えて)お伝えしていきたいと
思います。


☆今月のつぶやき☆

さて、記念すべき第一回目の記事をあげる日をいつにしようか・・・
(嵐のデビュー日にしようか、笑)・・・と思っておりましたが、
ちょうど「末広がり」の今日にアップさせて頂きました。

「ハチのつく日」と言うのは、
私にとっても何かとラッキーデイでもあるようです☆


それでは次回をお楽しみに♪







固定リンク | comments(2) | trackbacks(0) | この記事を編集する